航空会社「スクート」、キャラクターの無断使用を謝罪

印刷

   シンガポールの格安航空会社(LCC)「スクート」の公式ツイッターアカウントが2015年5月21日、イラストレーター・黒川竜浩さんのキャラクターをキャンペーンに無断使用したことについて謝罪した。

   1人暮らしするOLの哀愁漂う姿を描いた1コママンガ「一人暮らしのOL」で人気を集めている黒川さんは、5月12日、同シリーズのイラストをツイッターに投稿した。すると19日、スクートの公式ツイッターアカウントが黒川さんのツイートにリプライ(返信)する形で、この作品を元にしたとみられる別のイラストを添付したツイートを投稿。内容はスクートの投稿をリツイート(拡散)した人の中から抽選でプレゼントが当たるというキャンペーンを案内するものだった。

   黒川さんの説明によると、スクートからは事前にコラボを申し込むメールが届いていたが、多忙のため返信できずにいたところ、問題のイラストを使用したプロモーションが行われたという。黒川さんは削除するよう求めるも、スクートからは「描かれている女性は一人暮らしのOLちゃんではなく『一人暮らしのOLちゃんからインスパイアを得た別のキャラクター』である」との返答があり、応じてもらえなかったそうだ。

   黒川さんが経緯を明かすとともに、イラストのリツイートを控えるよう呼びかけると、インターネット上ではスクートに対する批判が相次いだ。騒動を受けてか、スクートは21日、

「先日のリツィートキャンペーンですが削除させて頂きました。ご迷惑をお掛けしました事、お詫び申し上げます。また。削除前にリツィートして頂いた方々は応募対象者とさせて頂きますのでご安心下さい」

と投稿した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中