東証1部、時価総額が過去最高更新 菅官房長官「『3本の矢』確実に成果」

印刷

   東京証券取引所第1部に上場する企業の時価総額が2015年5月22日の終値ベースで591兆3007億円になり、過去最高を更新した。これまでの最高はバブル期の1989年の大納会、12月29日の590兆9087億円で、約25年5か月ぶりに更新した。

   5月22日の日経平均株価は6営業日連続で続伸し、終値は前日比61円54銭(0.3%)高の2万0264円41銭だった。終値ベースでは2日連続で00年4月14日(2万0434円68銭)以来の高値水準を更新した。

  • 会見で記者を指名する菅義偉官房長官
    会見で記者を指名する菅義偉官房長官

いつもは「無用な影響与えるのでコメント控えたい」と前置きするが...

   菅義偉官房長官は同日夕方の会見で、

「株価は低いよりも高い方がいい。総額としてはそう(過去最高)かもしれないが、バブル期は確か4万円近く行っていたと思う。そういう中で、アベノミクスの3本の矢が着実に成果をあげてきているだろうと思う。ここはしっかり、『この道しかない』という思いの中で、経済政策を行ってきたので、自信を持って行っていきたい」

などとアベノミクスの成果を強調しながら株価上昇への期待をにじませた。菅官房長官は、通常は株価に関する質問には、

「株価に無用な影響を与えるのでコメントは控えたい。いずれにしても...」

と前置きしてから答えるが、今回の会見では前置きがなかった。

   東証の終値ベースの過去最高値は、1989年12月29日の3万8915円87銭。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中