鳥取に初のスタバが誕生 初日開店前に1000人が列

印刷

   スターバックスコーヒージャパンが2015年5月23日、47都道府県で唯一店舗がなかった鳥取県に1号店をオープンさせた。初日は限定タンブラーなどが販売されることもあり、開店前には徹夜組を含む約1000人が行列をつくった。

   1号店「シャミネ鳥取店」はJR鳥取駅南側に位置する全71席のドライブスルー併設店舗。前日22日から行列ができ始め、朝7時の開店前には約1000人が並んだ。報道によると、1番乗りしたのは地元の大学生だった。

   13年3月、島根県に「シャミネ松江店」が開店したことにより、鳥取県は国内で唯一スターバックスのない都道府県に。以降は、平井伸治県知事が「鳥取にスタバはないけど日本一のスナバ(砂場)はある」と発言したり、14年4月に地元企業が「スタバ」をもじった「すなば珈琲」をオープンさせたりと、「自虐ネタ」で話題を呼んでいた。

   なお「すなば珈琲」では「大ピンチキャンペーン」と銘打ち、23日から5日間、「スタバよりもまずかったら無料」「スタバのレシート持参でブレンドコーヒー半額」といった企画を実施している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中