新幹線車中のマナーにキレる芸能人 貧乏ゆすりにキーボード音「許せん」

印刷

   お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(45)が2015年5月22日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、新幹線で受けた「貧乏ゆすり被害」について語った。

   後ろの席に座っている中年男性の貧乏ゆすりがフットレストを通じて延々と伝わり、寝るに寝られず困ってしまったのだという。

  • 個々の思いやりや気配りが大切(画像はイメージ)
    個々の思いやりや気配りが大切(画像はイメージ)

注意したら周りから悪者を見るような視線

   新幹線でひと眠りしようとしていた宮迫さんは、いつもとは異なる激しい揺れを感じた。後ろを確認したところ、原因は後ろの席の男性がフットレストに足を置いて貧乏揺すりをしていることだと分かった。

   宮迫さんは何度か振り返り、軽く舌打ちもしたのだが、男性は逆に「あぁん!?」と睨みをきかせてきたという。大声を張り上げたい気持ちもあったが、周りには眠っている人もいるため、これをグッと堪えた。結局、宮迫さんは東京から名古屋までの間、約2時間ひっきりなしに続く不快な揺れに悩まされる羽目になった。

   しかし、ついにイライラが頂点に達した宮迫さんは、男性の足元を指しながら少し大きめの声で「これ、止めてもらっていいかな?」と注意したそうだ。すると男性はようやく気付いたようで「あぁ、それで。申し訳ない!」と謝り、以降は揺れが収まったという。

   ただ、大きめの声で注意したことにより、宮迫さん曰く、周囲の客からの悪者をみるような視線にさらされたそうだ。さも「あいつ、なんか文句言いそうやけど、やっぱりこういうの言うんや」と言いたそうだったといい、宮迫さんは「『じゃあ、お前ら2時間揺れてみ!?』って思わへん?」と声を荒げつつ、出演者陣に同意を求めた。

坂上忍、松本人志も「迷惑行為」指摘

   宮迫さんの後にはタレントの坂上忍さん(47)も、新幹線で頭にきたというエピソードを紹介した。坂上さんの隣の客は、パソコンを使用していたといい、最初のうちは静かにキーボードを打っていたそうだ。だが、キーボードのタッチ音は徐々にエスカレート。

「そのうちたぶん、ノッてきたんだろうね。パパパパ、パーンッとかいってえれぇ音を出し始めて。『すごく今ノッてらっしゃるのは分かるんですけど、ちょっと音静かにしてもらえませんか』って注意した」(坂上さん)

と話した。

   新幹線内におけるマナー問題といえば、よく話題に上るのが子ども連れの親に対する指摘だ。15年2月23日には、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(51)が「新幹線で子供がうるさい。。。子供に罪はなし。親のおろおろ感なしに罪あり。。」とツイートし、ネット上でも議論を呼んだばかりだ。

   日本民営鉄道協会によるアンケート調査(2014年度)によると、「駅と電車内の迷惑行為」で最も票数を得たのは「騒々しい会話・はしゃぎまわり等」。音に関する迷惑行為では、他にも「携帯電話・スマートフォンの着信音や通話」(4位)、「ヘッドホンからの音もれ」(5位)が上位にあがっていた。他には、「座席の座り方」(2位)「乗降時のマナー」(3位)も多くの人が選択していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中