大塚家具の久美子社長は「若者に媚び」路線 ディズニーとのコラボ商品は売れるのか

印刷

   大塚家具の大塚久美子社長がTBSの人気情報番組「王様のブランチ」に登場、ディズニーとのコラボレーションによる「ミッキーマウス」のコンセプトルームを紹介して話題になっている。

   ほんの2か月前には、父で会長だった大塚勝久氏と経営権を争っていた久美子社長だが、株主総会で勝利。「公約」どおり、高級路線から「ソフト路線」への転換を図っているようだ。

  • ディズニーとのコラボでイメージアップ… (画像は、大塚家具のホームページ)
    ディズニーとのコラボでイメージアップ… (画像は、大塚家具のホームページ)

売り場の一角に、「ミッキーマウス」や「くまのプーさん」の部屋

   大塚家具の大塚久美子社長が登場したのは2015年5月25日の放送で、大塚家具はスターウォーズ展やピーターラビットカフェなどの人気キャラクターのショップの一つとして紹介された。

   番組の「ピカイチガール」、森星さんらが「新宿ショールーム」4階売り場の一角にある、ミッキーマウスやくまのプーさんのキャラクターをモチーフにしたコンセプトルーム「Disney HOME PREMIUM STYLING ROOM」を訪れた。

   このコンセプトルームは、大人向けのインテリアシリーズ「Disney Home」を展開しているウォルト・ディズニー・ジャパンと大塚家具がライセンス契約を結び、2月28日から有明本社や新宿、横浜みなとみらい、大阪南港などのショールームに設置。第1弾として、ヴィンテージ調のアイテムを使用した「Vintage style」と洗練されたデザインの「Simple style」、心地いい素材や質を追究した「Natural style」の、3つの「ミッキーマウス」の部屋と、「くまのプーさん」をあしらった、英国のカントリースタイルでスローライフをイメージした「British country style」を公開している。

   ディズニーキャラクターがもつイメージをベースに、ディズニーのデザインと大塚家具が世界中からセレクトしたインテリアで、「あなただけのとっておきのSTORYを創って、暮らしに魔法をかけよう!」というコンセプトのもと、世代を問わず楽しめる上質なライフスタイルを提案する。

   このコラボについて、大塚家具は「ディズニーも若い女性を主なターゲットにした『大人ディズニー』を展開していますから、(双方に)相乗効果が見込めると考えています」と説明。IKEAやニトリなどの台頭で、家具市場の競争が激しくなるなか、顧客の拡大を狙う。

   第2弾は、6月から「アナと雪の女王」や「シンデレラ」とのコラボ商品として「じゅうたん」(税込7万9920円)などを発売する予定。大塚家具は「今後は(ディズニーとの)オリジナル家具の開発も行い、子どもからシニアまで幅広い客層をターゲットにしていきたい」と話している。

「何か違和感あった」「久美子社長のお部屋が気になる」賛否分かれる

   とはいえ、ディズニーとのコラボや、大塚久美子社長の若者向け情報番組への出演は、これまで高級路線を敷いていた大塚家具にしてみれば、かなり大胆、かつソフト路線への転換を強く印象づけたことは確かなようだ。

   番組では、久美子社長自身がショールームを案内して、若い女性リポーターを相手に「~だよねー」とタメ口を試みるなど、少々「痛い」感じは否めなかったものの、インターネットには、

「大塚家具のディズニーインテリアめちゃおしゃれで可愛い。思ったほど高くないし!久美子社長やるやん」
「ディズニー家具かわいいよ? 」
「久美子社長のお部屋が気になる。こうなったら?大塚家具に住むしかないですね(笑)」

といった、好意的なメッセージが寄せられている。

   その半面、

「きのうの『王様のブランチ』の大塚家具、何か違和感あった。社長には『この商品はこうなってるらしいです』なんて言い方はしないでほしいね」
「大塚家具の高級感とか一切なくて、ニトリとかIKEAでいいじゃんってなっちゃう残念さを感じる」
「いかにも女性の発想だなあ。『くまのプーさん』に『ミッキーマウス』のイメージにあう家具をディスプレーって、こりゃあかんよ」

と、失望の声もある。

   なかには、

「いまやディズニーのライセンス商品なんてどこにでも並んでる。IKEAやニトリとは一線画す高級路線を貫いた方がいいと思うがな」

と、あくまで高級路線を支持する声まであった。

   大塚家具の店舗売上高は、3月は前年同月に比べて37.8%の大幅に減少。4月も17.5%減となり、12か月連続で前年実績を下回った。

   久美子社長は4月10日にも、同じTBS系のバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」にVTRで登場するなど露出度が増している。経営権をめぐる騒動のイメージダウンの払拭に懸命のようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中