乃木坂46白石麻衣が「ノーバン」始球式 「3度目の正直」で達成に「やっと納得」

印刷

   乃木坂46の白石麻衣さん(22)が2015年5月26日に東京・神宮球場などで開幕した「日本生命セ・パ交流戦」ヤクルト対日本ハムの始球式に登場した。白石さんがプロ野球の始球式に登場するのはこれが3度目。

   過去2回はボールをバウンドさせてしまい「悔しい」などと涙を流していたが、「3度目の正直」でついにノーバウンドを達成。「やっと納得のいく投球ができた」と笑顔を見せていた。

  • 華麗な投球フォームを見せる乃木坂46の白石麻衣さん
    華麗な投球フォームを見せる乃木坂46の白石麻衣さん
  • 大きく振りかぶって…!
    大きく振りかぶって…!
  • 笑顔でマウンドを後にする白石麻衣さん
    笑顔でマウンドを後にする白石麻衣さん
  • 始球式後の囲み取材に応じる白石麻衣さん
    始球式後の囲み取材に応じる白石麻衣さん
  • 始球式直前にはヤクルトのヤクルトの小川泰弘投手からボールの持ち方についてアドバイスを受けた
    始球式直前にはヤクルトのヤクルトの小川泰弘投手からボールの持ち方についてアドバイスを受けた

過去2回はボールをバウンドさせて悔し涙

   白石さんが初めて始球式に臨んだのは、13年7月9日に東京ドームで行われた楽天対日本ハム戦。このときはボールはツーバウンドしてキャッチャーのミットに吸い込まれ、白石さんはマウンド上で頭を抱え込んでしまった。笑顔でマウンドを去ったが、直後の囲み取材では一転「悔しい」と涙を見せた。

   13年9月17日には、Kスタ宮城で行われた楽天対ソフトバンク戦で再チャレンジ。ボールはホームベースにまっすぐ向かったものの、ワンバウンドしてキャッチャーのもとに。「前回は0点だけど今回は46点」と、やはり悔し涙を流していた。

   今回の始球式では、白石さんは交流戦の新キャラクター「セパコ」ちゃんをイメージしたピンク色のユニフォーム姿で登場。直前にヤクルトの小川泰弘投手とキャッチボールをして、ボールの握り方や、「足をちょっと上げるといい」といったアドバイスを受けたという。

   そのかいがあったのか、白石さんのボールは多少高めに上がったものの、バウンドなしてキャッチャーのもとに。観客からは大きな歓声があがっていた。

自己採点は「80点」、残り20点は「ボールだった」から

   白石さんは、

「ずっと直前まで緊張していて、今まで以上に今日が一番緊張しました。久しぶりにマウンドで気持ちよく投げれて、自分的にもやっと納得のいく投球ができたので安心しています」

と胸をなで下ろしていた。投球を自己採点すると「今回は80点ぐらいです」。残り20点は「ボールだった」からだそうだ。

   乃木坂46はAKB48の公式ライバルだ。AKB48の選抜総選挙(6月6日開票)については、

「速報で指原(莉乃)さんがトップだったので、2冠、もしかしたらいくのではないかと...。どうなるか楽しみ」

と話していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中