スポーツ庁は「金メダル庁」なのか? 日経新聞など各紙が社説でクギを差す

印刷

   スポーツ庁を創設するための改正文部科学省設置法が2015年5月13日に成立し、10月に文科省の外局として発足する。同庁設置は2011年に制定されたスポーツ基本法の付則で検討課題とされていたもので、同法が謳う「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利」との理念の実現に一歩を踏む出すことになる。

   ただ、少なくとも当面は2020年東京五輪・パラリンピックに向けた選手強化への期待が強く、五輪後を見据えたスポーツ振興策をどう具体化していくかが問われる。

  • 五輪後を見据えたスポーツ振興策をどう具体化していくかが問われる
    五輪後を見据えたスポーツ振興策をどう具体化していくかが問われる

縦割り行政を一元化

   同庁設置の一番わかりやすい目的は、これまで縦割りだったスポーツ行政の効率化だ。文科省が学校体育を指導するほか、スタジアムや体育館など運動施設の整備は国土交通省、リハビリとしてのスポーツといった障害者の健康増進は厚生労働省、スポーツを通じた国際交流は外務省が管轄し、経産省もプロスポーツ振興を通じた経済活性化を図るといった具合だ。こうした複数の省庁ばらばらの施策を総合的に調整し、推進するのがスポーツ庁だ。

   組織は、文科省のスポーツ・青少年局を母体に、内閣府、外務省、国交省、厚労省、経産省、環境省、農林水産省の7府省の職員23人を再配置し、総員121人。2020年までの「オリンピック・パラリンピック課」のほか、選手強化を支援する「競技力向上課」、スポーツを通じた国際貢献を推進する「スポーツ国際課」、障害者スポーツを含めた普及を図る「スポーツ健康推進課」、全体の戦略をまとめる「政策課」の5課体制になる。

   ただし、既得権益を守りたい各省の抵抗もあって権限と財源の一元化はできなかった。具体的には、例えば、国交省が競技場など施設を建設する際、スポーツ庁が事前に調整し、予算の効率的な投下を図るといったイメージだが、縦割り行政を本当に解消できるかは懸念も残る。

   浮かんでは消えることを繰り返してきたスポーツ庁構想が急速に動いたのは東京五輪招致が決まったからにほかならない。2013年9月に五輪招致が決定すると、国は東京大会での金メダル数「世界3位」という目標を掲げた。これは過去最高だった16個(1964年東京、2004年アテネ)の2倍にもなる30個前後という極めて高い目標で、この実現のためには、カネも出すが口も出す、というのがスポーツ庁ということだ。

   実際、2015年度の五輪関連の強化費は63億円と前年度から22億円増えたが、その一方で2015年度からは強化費の具体的な配分に文科省の意向が強く反映することになった。これまでは国(文科省)からの公的資金は日本オリンピック委員会(JOC)を通じて各競技団体に交付されてきたが、継続的な強化費については従来通りJOCが配分するものの、東京五輪に向けた強化費は、国(同庁)の作業部会(スポーツ関連団体代表で構成)が審査して配分を決める。

   競技団体は、東京五輪に向けたどの大会でいくつのメダルと取るといった目標を設定し、その達成度などに応じて強化費を配分されることになるという。これにより、各競技団体に薄く広く配分する傾向が強かったJOCより、メダル有望競技へ重点的に投じるなど、メリハリの利いた配分が期待される。

   JOCは配分権を握り続けようとしたが、フェンシングや柔道など競技団体の補助金をめぐる不祥事が相次いだこともあり、文科省に押し込まれた形だ。ただ、政治力も動員した必死の巻き返しで、継続的な強化費の配分権は死守し、スポーツ庁が直接配分する分との併用で決着した。

「五輪後」を危惧する声

   五輪重視はある程度は当然としても、五輪偏重を危惧する声もある。下村博文・文科相は改正文科省設置法成立を受け、「国民がスポーツで健康を享受できるような組織にしたい」と述べているが、2015年度のスポーツ関連予算全体(290億円)のうち、競技力向上など東京五輪に向けた準備費が4割増の130億円な膨らむ一方、スポーツ振興推進費は約160億円と微減している。

   特に高齢化の急進で、年間40兆円に達する医療費が国民的な重荷になる中、スポーツによる健康増進は待ったなしの課題。日本は世界トップクラスの長寿国だが、健康で自立した生活を何歳まで送れるかを示す「健康寿命」と平均寿命の差は、男性で約9年、女性で約12年もある。

   このため、全国紙の社説の論調も、五輪偏重を戒める声が強く、「五輪後見据えた施策を」(毎日5月17日)、「五輪庁で終わらせるな」(朝日5月17日)、「『金メダル庁』では情けない」(日経5月17日)などの見出しを謳い、「必要なのは、五輪をきっかけに高齢者も含めた市民スポーツの裾野を広げたり、文化としてのスポーツの魅力に光をあてたりする施策だろう」(日経)など、国民の健康増進へのスポーツ庁の取り組みの重要性を強調している。

   「選手強化の先頭に」(読売5月19日)、「東京五輪目指し実績示せ」(産経主張5月16日)と、五輪に向けた対応を中心に論じた2紙も、「スポーツの価値をどう高め、スポーツを国民の生活にどう根付かせるか。これが同庁の根源的な役割である」(産経)などと、釘を差している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中