箱根・大涌谷の温泉供給用装置が破損か 長期間メンテできず

印刷

   火山活動が続く神奈川県・箱根山の大涌谷で、立ち入りが制限されている区域にある温泉供給施設の装置ひとつが破損した可能性が出てきたと、NHKなど複数のメディアが2015年5月27日に報じた。

   温泉供給業者が、立ち入り禁止区域にある6つの装置のうちひとつから蒸気漏れを確認したという。

   箱根町は、特に危険とされる半径200メートルの区域には業者を含め立ち入りを認めていない。このため装置のメンテナンスが長期間できておらず、硫黄など温泉の成分が詰まって故障につながったとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中