DAIGO、「24時間」出走日は恋人・北川景子の誕生日 あざとい「仕掛け」なのか、それとも偶然なのか

印刷

   2015年夏に放送される「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(日本テレビ系)からチャリティーマラソンランナーのオファーを受けていた歌手のDAIGOさん(37)が5月26日、オファーを受けることを正式表明した。

   この日、生放送された「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)内で「走ります」と力強く宣言した。

  • ツイッターでも改めて出走宣言(5月27日ツイートのスクリーンショット)
    ツイッターでも改めて出走宣言(5月27日ツイートのスクリーンショット)

「誕生日プレゼントは別に用意したいと思っています」

   DAIGOさんは5月19日放送の「幸せ!ボンビーガール」内で異例の「公開オファー」を受けた。DAIGOさんは全く予期していなかったようで、名前を呼ばれた直後には「体温5度ぐらい一気に下がった.....」などと話すのが精いっぱいだった。DAIGOさんは一度話を持ち帰り、26日の生放送で最終的な答えを発表することとなった。

   そして迎えた決断の日。番組終盤、DAIGOさんは「HMで。走り...ます!」とおなじみの「DAI語」(持ちネタの略語)を交えて決意表明すると、出演者陣からは拍手が送られた。「こんな長い1週間は人生で初めて」というほど悩みに悩んだようだが、放送後から1週間、多くの人に温かい言葉や期待の声をかけられ「ニーズに応えたいと思い」自らにGOサインを出した。

   DAIGOさんの出走宣言により注目を集めたのは、スタートする日付だ。「24時間テレビ38」が放送されるのは8月22日~23日。実は出走する22日は交際中の女優、北川景子さん(28)の誕生日なのだ。

   生出演後、報道陣からこのことについて聞かれると「言いたいことは分かります。偶然が重なった。『最高のプレゼントになる』という人もいるかもしれませんが、誕生日プレゼントは別に用意したいと思っています」と話したと報じられている。

外堀を埋めて断りにくい状況を作った?

   だが、日テレはこうした事情も折り込み済みだったことだろう。2人の熱愛が報じられたのは14年11月と半年以上前で、その後も順調な交際ぶりをオープンにしてきていた。もちろんDAIGOさんにオファーを出したのにはさまざまな理由があるだろうが、「出走日が彼女の誕生日」「完走が最高のプレゼントに」というテレビ的に「おいしい」ストーリーを局が見逃すはずはなく、当然念頭にあったとみられる。

   このテレビ的思惑がDAIGOさんの決断にどれほど影響したかは分からないが、ファンからは「本人が出した答えだから応援する」という声が溢れる一方で、「外堀を埋めて断りにくい状況を作った」とする日テレへの恨み節も聞こえてくる。

   もともとファンからは、公開オファーに対しても「あんなに大々的にやられては断りたくても断れない」という批判的な意見が多く出ていた。DAIGOさんは現在10本のレギュラー番組に出演中であり、夏には自身がボーカルを務めるロックバンド「BREAKERZ」の2年半ぶりとなる重要なツアーも控えている。オファーを受ければ体力的にも精神的にも厳しいことは間違いないため、心配する声が相次いでいたのだ。

   出走日と誕生日の「偶然の一致」に対してはファン以外からも、

「テレビってこう言う風に作るんだなって垣間見た感じがした」
「日テレのあざとさ以外の何物でもない」
「ここに24時間テレビのあざとさが集約されています」
「みんなが見るからこういう企画が続く」

といった冷めた意見が少なくない。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中