USJ、9月にも再上場へ 時価総額8000億円規模

印刷

   テーマパークの「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」を運営するユー・エス・ジェイが、東京証券取引所に再上場する見通しとなった。日本経済新聞は2015年5月28日付で、「(上場を)申請した」と報じている。東証の承認を得て、早ければ9月にも上場する。

   株式の時価総額は6000億~8000億円規模の見込みで、15年の新規上場案件としては秋に上場予定の日本郵政グループに次ぐ規模になりそう。

   同社は2007年に東証マザーズに上場。しかし、業績不振を背景に筆頭株主だったゴールドマン・サックス系の投資ファンドがTOB(株式公開買い付け)を実施し、09年に上場を廃止した。

   USJは、14年7月に開業した「ハリー・ポッター」の新エリアなどが人気を呼び、14年度の入場者は1270万人と過去最高を更新した。15年度は1300万人の入場者を見込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中