東京駅コインロッカーに遺体か スーツケースから発見

印刷

   2015年5月31日9時頃、JR東京駅(東京都千代田区)でコインロッカー内のスーツケースに遺体らしきもの入っていることを管理会社の職員が確認し、近くの交番に届け出た。職員はロッカーの点検中にスーツケースを発見、事務所に運んでから開けたという。

   警視庁は死体遺棄事件の可能性もあるとして調べている。コインロッカーがある丸の内南口改札付近には規制線が張られ、周囲は騒然となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中