愛之助との泥沼破局騒動... 熊切あさ美に芸能界から「かわいそう」「めんどくさい」

印刷

   歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(43)とタレントの熊切あさ美さん(34)の「別れ話」をめぐるゴタゴタが連日ワイドショーを賑わせている。

   騒動の発端は2015年5月28日発売の「女性セブン」が片岡さんと藤原紀香さん(43)の熱愛を報じたことだ。これを受け、片岡さんと約2年前から交際していた熊切さんは29日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演。まだ別れていないことを強調した。

  • 片岡愛之助さんとの熱愛が報じられた藤原紀香さん(08年撮影)
    片岡愛之助さんとの熱愛が報じられた藤原紀香さん(08年撮影)

電話での別れ話に「お任せします」

   「ミヤネ屋」の単独取材に応じた熊切さんは、熱愛報道について「びっくりしました...本当のことは分からないけど(記事に)出ちゃってるから、それが現実なんだろうなと思いました」と胸の内を明かした。

   28日放送の同番組では、片岡さんと連絡を取ったという司会の宮根誠司さん(52)が「『2人で話をして4月くらいには別れた』と本人から聞いた」と証言していた。だが熊切さんは「別れ話になったことはないです」と目に涙を浮かべながらきっぱりと否定した。

   報道によれば、同棲していたマンションの家賃は現在も片岡さんが払い続けているという。さらに熊切さんが言うには、荷物も変わらず置いてあるそうだ。取材を受けた熊切さんは憔悴しきった様子で「訳が分からない」「まだ信じていたい」と訴えた。

   こうした発言や行動に片岡さん側は戸惑っているようだ。芸能レポーターの井上公造さん(58)が5月31日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)で明かしたところによると、片岡さんは井上さんに対し、

「今年3月に別れたが、別れ話は昨年も2、3回出ている。だから、一度も別れ話がないという彼女の主張はまったく理解できない」

と説明。3月に別れ話を切り出した際、熊切さんは最初「いつまでも待ちます」と応じなかったが、最終的には「じゃあお任せします」と答えたそうで、片岡さんの中ではこの時に別れたものと解釈していたという。

   一連の騒動を受け、片岡さんは直接話そうと何度も電話をかけているが、熊切さんは一向に電話に出ないという。その理由について、熊切さんはミヤネ屋や井上さんの取材に対し「精神的に動揺しているため」などと説明していた。

坂上忍「空気読めよ」とピシャリ

   「訳が分からない」という熊切さんに本当のことを説明できるのは片岡さん以外にいない。しかし直接話し合う場が持たれないため、結果的に双方の食い違った主張がワイドショー上で第3者により代弁されるという妙な展開になってしまっている。

   この泥沼化した破局騒動に、芸能界からはさまざまな意見が出ている。31日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、女医の西川史子さん(44)が熊切さんを「かわいそうよ」と擁護。「別れるなら別れるでちゃんと言ってあげないと。家賃を払ったりしてたら別れてないって思うじゃない」「熊切さんに対してちゃんと誠実に向き合わないと」などと語った。

   これにタレントの坂上忍さん(48)は「報道されてるのが事実なら、電話で別れ話したんでしょ。それなら空気読めよって話じゃないですか」と反論。藤原さんとの熱愛が報じられた時点で「『電話』『藤原紀香』で終わったって理解すべき」だといい、テレビに出て「別れていない」と主張したことにも疑問を呈した。

   熊切さんの主張は男性陣からはあまり理解されないのか、同日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、お笑い芸人の土田晃之さん(42)も「トータル熊切めんどくせぇってことですよね?」と冗談まじりにコメントしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中