「うまい、安い、早い」はどこへいったのか 吉野家「鰻重 三枚盛」セットが1720円!

印刷

   牛丼チェーン大手の吉野家が、夏のスタミナ食の「鰻重」を発売した。

   大きめのウナギの切り身を3枚使った「三枚盛」は単品で1650円、みそ汁と漬物が付いたセットが1720円と、これまでの吉野家のメニューで最高価格という。

  • 「鰻重 三枚盛セット」1720円! 吉野家が「高級路線」に・・・
    「鰻重 三枚盛セット」1720円! 吉野家が「高級路線」に・・・

「鰻丼」から「鰻重」へ サイズも大きく

   吉野家が2015年6月1日に発売した「鰻重」は、季節限定の夏の定番メニューとして、2014年夏まで「鰻丼」として販売してきた。1日からはウナギのサイズを大きくして、牛丼の並盛りにあたる量の「一枚盛」と、ごはんは並盛でウナギの切り身を2枚載せた「二枚盛」、大盛ごはんにウナギを3枚載せた「三枚盛」の「鰻重」として売り出した。あわせて、季節限定販売から通年販売とした。

   ウナギは中国・広東省の専用池でシラスから育てた厳選されたものを使用。タレはウナギの香ばしさを引き立て、ごはんにも合う醤油味を効かせた、あっさり仕上げという。

   注目は、その価格。「一枚盛」は、これまでの「鰻丼」(一枚盛)より20円高い750円(単品)、みそ汁と漬物付きのセットで820円。「二枚盛」は単品が70円高い1150円、セットは1220円。また、新たに用意した「三枚盛」は単品が1650円。セット価格は1720円(いずれも、税込み)というから、これは「安さ」を売り物にしてきた牛丼チェーンの価格とは思えない水準だ。

   そんなことからインターネットでは、

「牛丼を食べてるなかで『鰻重』を食べるという優越感を得るのか?」
「さすがに牛丼屋のウナギに1600円だすなら、ふつうにウナギ屋行くでしょ」
「高い!」
「牛丼との客単価が違い過ぎないか? こんなんで大丈夫なんか?」

と、驚きや否定的な声が寄せられている。

   その一方で、

「ビール飲みながら食べてみるか」
「それにしても安いな。なんにしてもウナギはこんな値段では食えないよ」

といった「鰻重」を楽しみにする声もある。

   吉野家は2014年4月の消費増税以降、牛丼をはじめメニュー価格を一部値上げ。みそ汁やサラダなどのセットや定食などは「ワンコイン」では食べられなくなってきている。それもあってか、客数は減少傾向にあるものの、客単価は上がっている。

   ちなみに、吉野家の2015年4月の売上高(既存店ベース)は、前年同月と比べて0.6%減、客数は16%減だったが、客単価は18.4%増えた。

「お客様のニーズ」を取り込み、集客力を高める狙い

   そもそも牛丼チェーンの「吉野家」といえば、1980年代には「牛丼一筋80年」のテレビCMで話題をさらい、これまで「うまい、安い、早い」のキャッチフレーズで売ってきたことで知られる。

   吉野家に「高級路線」に切り替えたのか、聞いてみると、「そのように思われるかもしれませんが、そうではありません。いまでも、『うまい、安い、早い』のモットーを大事にしています」と話す。

   とはいえ、吉野家は最近変わりつつある。冬季限定商品として大ヒットした「牛すき鍋膳」「牛チゲ鍋膳」は、「うまい、安い、ゆっくり」という新たなコンセプトに基づいたメニュー。価格はともに並盛580円とやや高めで、「安い」「早い」からの転換を思わせる。

   2015年5月21日には、「うまい、安い、早い」に「健康志向をプラスした」(吉野家)、ごはんに野菜しか載っていない「ベジ丼」(530円)を発売。「安さ」以外の「付加価値」が求められるようになっていることに対応した。

   さらには、「吉呑み」もそうだ。「吉呑み」は夜間に客足が鈍るビジネス街の店舗で遊休スペースとなっていた2階部分を有効活用。仕事帰りのビジネスマンなどの「ちょい飲み」ニーズを取り入れることで、夜間帯の売り上げ増を狙った。

   現在、「吉呑み」を展開する店舗は122か店、簡易版の「吉呑みチョイ」は104か店(いずれも、2015年5月23日現在)に拡大中で、生ビールやおつまみが既存の居酒屋より「安い」と評判。長居できそうな店内の雰囲気はお客の回転率が下がる懸念があるが、「売り上げや客数で、(吉呑みの実施店のほうが)1.2倍ほど多い」という。

   吉野家は、「たとえば早く食べたい人もいれば、ゆっくり味わいたい人もいます。そういったお客様のニーズに、できる限り応えていきたいと考えています」と説明。それにより、集客力をつけていくようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中