「愛之助VS熊切」騒動の余波で議論沸騰 「電話1本で別れる」はアリ?

印刷

   歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(43)とタレント、熊切あさ美さん(34)の「泥沼破局騒動」を受け、インターネット上では「恋人との別れ方」を巡る議論が起きている。

   片岡さんのように、恋人に電話で別れを告げることは一般的に「あり」なのか「なし」なのか。

  • 電話で別れ話「あり」?「なし」?(画像はイメージ)
    電話で別れ話「あり」?「なし」?(画像はイメージ)

「別れ話をする場所」2位に「直接会わずに別れる」

   2015年5月31日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)で芸能レポーターの井上公造さん(58)が明かしたところによると、片岡さんは「今年3月に別れました」と井上さんに説明したという。電話で別れ話を切り出すと、熊切さんは最終的に「じゃあお任せします」と答えたといい、片岡さんの中ではこの時点で別れたものと解釈していたそうだ。

   だが、熊切さんは5月29日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の中で、涙ながらに「別れ話になったことはない」と破局を否定。約2年前から同棲しているという都内マンションには片岡さんの荷物も置きっぱなしだといい、困惑した表情を見せた。

   主張が食い違ってしまった詳しい事情は分からないものの、この一件から、インターネット上では電話で別れ話をすることの是非が議論されている。ツイッターなどでは

「直接話すのが誠意」
「電話で別れ話って...情けない」
「別れる別れないを電話で済まそうとするのがそもそもダメ」

といった声は根強い。また、電話での別れ話すべてが悪いというわけではないが、同棲していたり結婚を意識する年齢であったりするならば「NG」とする意見も多くあった。その一方で、

「電話で別れ話なんて普通にある話でしょ」
「電話で別れ話とかありふれてるし、メールよりマシって思っちゃう」
「直接会って言うのは辛いから電話でってのはあると思う」
「電話とかメールとかLINEで済むなら...と思っちゃう...」

などと理解を示す声も少なくない。実際、「別れ話をする場所といえば?」という2014年のアンケート調査では「直接会わずに別れる」が全体の24.0%を占め、「車」に次ぐ2位にランクインしていた(アンケートサイト「みんなの声」/総回答数2万1012票)。電話のように、直接会わずに関係を終わらせることは一定の支持を得ているようだ。

岡本夏生「汚い別れ方」太田光「男はキチっと言うべき」

   一連の騒動後、芸能界からは熊切さんに対して「空気読めよって話」(坂上忍さん)「なんでカメラの前で泣いてるの?」(テリー伊藤さん)などと厳しい声が相次いでいたが、「電話で別れ話」という点については擁護の声もある。

   6月2日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)ではコメンテーターの北斗晶さん(47)が

「30越えた女と40越えた男が同棲を2年以上していて、電話1本、メール1本で別れて終われるもんなの?って思う。中学生、小学生じゃあるまいし」

と疑問を投げかけた。同じくコメンテーターの岡本夏生さん(49)は、34歳という年齢が出産・妊娠を考える女性にとって重要な時期であることを指摘した上で、

「その人の2年半を奪うワケよ?いたずらに奪っておいて粗大ゴミのようにいらなくなったからメールや電話で『ごめんね』みたいなワケの分からないファジーなニュアンスで別れるのは、もっともオトコの汚い別れ方なのよ!」

と熱弁した。「爆笑問題」の太田光さん(50)も同日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ系)で「僕は古いのかも知れないけど、男は絶対にキチっと別れを言うべきだと思う」と主張していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中