サミットは「伊勢志摩」に 菅官房長官、直前の会見でも明かさず

印刷

   安倍晋三首相は2015年6月5日、16年に日本で開かれる主要国首脳会議(サミット)の開催地を三重県志摩市に決めたと発表した。18時30分頃、羽田空港で記者団に明らかにした。

   安倍首相は6月5日から8日にかけてウクライナとドイツのエルマウで行われるG7サミットに出席する。安倍首相は「ドイツのサミットまでには決める」ことを繰り返し表明しており、国外で発表する可能性が高いとみられていた。

   「伊勢志摩」開催が明らかになる2時間ほど前の16時半頃に行われた菅義偉官房長官の会見では、

「政府・与党、会合の中で総理が一任を取られたとのことなので、すべて総理の胸の内ひとつだと思う。それ以上でもそれ以下でもありませんので...」

と笑みを浮かべ、開催地発表の時期や、国外で発表された場合の意図などに関する質問も、

「そこを含めて総理に聞いていただければ」
「それは仮定のことですから...。総理がどう考えているか私、分かりませんから」

とかわしていた。

  • サミット開催地の質問に笑みを浮かべる菅義偉官房長官
    サミット開催地の質問に笑みを浮かべる菅義偉官房長官
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中