「オオカミ輸入してシカを駆除」論に注目 生態系を守る?子供が食い殺される?

印刷

   日本では絶滅したといわれる「オオカミ」を海外から持ち込んで、増えすぎて農作物などへの被害が深刻な問題になっているシカやイノシシの駆除に役立てようと、日本オオカミ協会が訴えている。

   ところが、この訴えにインターネットでは大ブーイングが巻き起こっている。

  • 「オオカミ」はホントに怖くないの?
    「オオカミ」はホントに怖くないの?

オオカミが日本の生態系を救う!

   日本オオカミ協会は、自然保護に携わってきた学者らが生態系の再生や保護などを目的に1993年に発足。知床半島や南アルプス、尾瀬湿原などでの森林や生態系の破壊、貴重な植生被害、最近増えている農作物への被害と、跳梁跋扈するシカやイノシシの増えすぎを食い止めるには、日本では絶滅してしまった、シカなどの天敵(頂点捕食者)である「オオカミ」を再導入するしかないと主張する。

   最近では自治体がシカやイノシシの駆除に乗り出し、ハンターによる狩猟を強化しようとしているが、ハンターの減少や高齢化で効果はあがっていない。捕獲用の檻なども新たに開発しているものの、シカなどの増殖に追い付いていないのが現状のようだ。

   じつは、協会のこの主張は20年前から変わらない。それが今回、インターネットで話題を呼んだのは、東京や札幌、長野県蓼科、埼玉県川越などの全国6か所で開催される「日・米・独オオカミシンポジウム2015 復活と保護」(2015年6月3~8日)を、5月31日付の東京新聞が「オオカミは怖くない? 生態系回復のため導入訴える」の見出しで取り上げたことがきっかけだ。

   インターネットには、

「オオカミ導入って。犬でも子どもを噛み殺せるのになにいってんの」
「海外からオオカミ連れてきて放すなんて絶対にあかん!自然界のバランス?人為的に外来種を放つことが自然なのか?」
「オオカミは家畜や人を襲いません!野生のシカだけを食べますって... そんなこと誰が信じる?」
「ほんとに本気でこういうこと考えてんの... ブルーギルとかブラックバスが今どうなってるかわかって言ってんの?」
「結局、このシンポも放獣ありきの『オオカミ怖くないよ』というイメージづくりでしかないように感じてしまう」
「この人たちホントにオオカミ好きなの? 海外からつれてきて日本の野山に放して『害獣駆除する仕事させます』って? ニホンオオカミの絶滅から何も学んでないな」

などといった反対の声が多く寄せられている。

賛成も増えている・・・

   とはいえ、日本オオカミ協会の主張に賛同意見がないわけではない。海外では、オオカミが絶滅したことでアメリカアカシカが増えすぎて生態系のダメージが深刻化した米国のイエローストーン国立公園が1995年から、カナダからオオカミを再導入して生態系を再構築。また、ドイツでも自然保護団体がポーランド国境を越えてくるオオカミの保護活動を積極的に進めている。

   今回のシンポジウムでも、オオカミの世界的権威である米国のデイビド・ミッチ氏とドイツ最大の自然保護団体「ドイツ自然・生物多様性保護連合」のマーカス・バーテン氏の、生態系の回復のためにオオカミの再導入に成功した米国とドイツの研究者ふたりを招いた。

   こうした成功例を「お手本」に、日本でもオオカミを「復活」させて、かつてのバランスのとれた生態系を回復させようというわけだ。

   インターネットでは反対の声が目立ったが、日本オオカミ協会が発足以来3年ごとに実施している全国オオカミアンケート調査(第7回2012~2013年、回答者数1万5085人)によると、「オオカミの再導入」について賛否を聞いたところ、「わからない」が最多で45.7%、次いで「賛成」が40.4%で、3年前より13ポイントも増加した。「反対」は13.9%だった。

   賛成の理由のうち、最も多かったのは「生態系の保護のため」で68.5%、「害獣駆除」が40.0%を占めた。

   1993年(第1回)の調査では、「反対」45%に対して「賛成」は12%で、ほとんどの回答者がオオカミ再導入を支持していなかった。その後、年々「賛成」が増え、2009年(第6回)の調査では賛否の割合が逆転。「賛成」27%、「反対」18%となった。

   ちなみにアンケート調査では1万5085人の回答者のうち、日本オオカミ協会を知っていた人は16%だったという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中