FIFA会長をCNNテレビで猛批判 韓国・鄭夢準氏、会長選立候補に前向き?

印刷

   国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長(79)の辞任表明を受け、焦点は次期会長選に移った。ブラッター会長は副会長、ヨルダンのアリ王子(39)を破って5選を果たしたばかりで、改めて行われる会長選でもアリ王子は引き続き有力な対抗馬になるとみられるが、それ以外に出馬が取りざたされているのが、FIFAの副会長を17年間にわたって務めた鄭夢準(チョン・モンジュン)氏(63)。02年の日韓W杯の招致に大きな役割を果たしたとされる重鎮だ。

   現時点では出馬については明言していないが、メディアへの露出を活発化させており、出馬への布石だと見る向きも多い。

  • 鄭夢準氏の公式ツイッター。プラティニ欧州サッカー連盟(UEFA)会長とFIFAの状況と改革案を議論」したことを明かしている
    鄭夢準氏の公式ツイッター。プラティニ欧州サッカー連盟(UEFA)会長とFIFAの状況と改革案を議論」したことを明かしている

FIFA上層部の「総入れ替え」主張

   鄭氏は韓国の旧財閥のひとつ「現代(ヒュンダイ)」の創業者の6男で、かつては現代重工業の社長を務めたことでも知られる。聯合ニュースによると、鄭氏は6月3日に開いた会見で、出馬について「慎重に考えて判断する」と述べている。だが、すでにロビー活動は活発化しているように見える。

   6月5日にはCNNテレビにソウルから中継で出演し、ブラッター氏の辞意表明は「避けられず、遅くに失した」と述べ、

「非常に高い確率で、これらの恥ずべき事案すべてに関与していたのではないか」

などと批判した。ブラッター氏のみならず上層部の「総入れ替え」も主張した。

「ブラッター氏が提案してきたことに賛成してきた人や、ブラッター氏の支持を受けてFIFAに参加した人はFIFAを去るべきだ。FIFAでは大局的なリーダーシップの変革が必要だ」

自らの出馬の意向については

「FIFA改革は大がかりな仕事で、集団で努力する必要がある。サッカー指導者と話し合って決めたい」

と述べ、6月3日の「慎重に考えて判断する」よりも1歩踏み込んだように見える。

出馬取りざたされる人物とは「FIFAの状況と改革案を議論」

   翌6月6日から欧州に滞在中で、公式ツイッターでプラティニ欧州サッカー連盟(UEFA)会長(59)と会談したことを写真付きで明かし、「FIFAの状況と改革案を議論」したと説明している。プラティニ氏はFIFAの副会長も務めており、やはり次期会長選への出馬が取りざたされている。この会談が「根回し」の一環だという憶測も出そうだ。

   会長選挙は実施の4か月前には加盟国・地域に通知する必要があるため、選挙の実施は早くても15年12月以降になる見通しだ。鄭氏は遅くとも年内には出馬の有無を判断することになるとみられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中