AKBグループメンバーの「ANA離れ」 「共同プロジェクト」終了でJAL機移動目立つ

印刷

   「AKB48が飛行機に乗るときはANA」というのがファンの間の「定説」だったが、これが少しずつ変わりつつあるようだ。メンバーのソーシャルメディアに、日本航空(JAL)機で移動していることが分かるような書き込みが散見され、「ANAじゃなかったのか」と意外に思うファンもいる。

   AKBと全日空(ANA)は約2年間にわたって「共同プロジェクト」を行ってきたが、その契約も15年3月で終了。「縛り」がなくなったことが背景にあるとみられる。有名人はスケジュールがぎりぎりまで確定しない分、便の変更ができる普通運賃や、割引率の低い運賃で乗る人の割合が高いとみられる。特にAKBグループは移動の際の人数も多く、JALにとっては「上客」を獲得したとも言えそうだ。

  • 全国からAKB48グループのメンバーが福岡に集まった(写真は福岡空港)
    全国からAKB48グループのメンバーが福岡に集まった(写真は福岡空港)
  • 松井玲奈さんと松村香織さんは羽田空港からJALで福岡に向かった
    松井玲奈さんと松村香織さんは羽田空港からJALで福岡に向かった

15年2月のイベントがANAとの「共同プロジェクトの集大成」

   AKBとANAは13年4月に共同プロジェクトを始め、機内でAKBの番組を流したり、香港や台北で開いたイベントではAKBグループのメンバーがANAの客室乗務員(CA)の制服姿で登場したりした。たが、15年2月27日に東京・六本木に開かれたイベントが「共同プロジェクトの集大成のイベント」と位置付けられ、プロジェクトは15年3月いっぱいで終了している。

   この背景には、ANAが電通を通さずに契約したため、イベントに出席するメンバーがギリギリまで確定しないなどAKB側の融通が利かず、「使いづらい」面がANAに敬遠されて契約が継続されなかった、といった業界内の見方もある。

   15年度に入ってAKB48グループが最も多く飛行機を利用したとみられるのが、2015年6月6日に行われた選抜総選挙開票イベントの会場、ヤフオクドーム(福岡市中央区)への移動だ。大阪・NMB48や名古屋・SKE48のメンバーが東京に移動する際は新幹線を利用するが、福岡には飛行機で移動するのが一般的だからだ。移動の様子をソーシャルメディアに書き込む人も多く、JALをうかがわせるものも散見された。

松井玲奈、搭乗券の裏に「JALグループ国内線」の文字

   例えばSKE48の松井玲奈さんは(23、総選挙不出馬)は6月4日夕方、ジュースの写真つきでインスタグラムに、

「飛行機乗る前にかおたんとskyhigh!」

と投稿した。「Sky High」は生ジュースが専門のバーの名前で、JALが乗り入れている羽田空港第1ターミナルにも出店。さらに、写真には搭乗券の裏側も映り込んでおり、「JALグループ国内線では」と読み取れる。松井さんと、総選挙で13位に入賞した「かおたん」こと松村香織さん(25)は、確実にJALで福岡に移動していたことになる。

   NMB48のメンバーもJALで移動している可能性がある。6月7日夜、渡辺美優紀さん(21、12位入賞)が、トークアプリ「755(ナナゴーゴー)」に、

「さやかちゃんが飛行機の隣の席でシーンってなってる中、昨日の自分のスピーチの動画見たかったのか携帯マナーモードになってなくて、第6位ありがとうございました!っていう自分のスピーチの音が響き渡って恥ずかしがってるなう」

と書き込み、当の山本彩さん(21、6位入賞)も、

「Twitterで自分の投稿見てたら まぁまぁデカい音量で 動画が再生されちゃって 周りの人が一斉にこっち見て羞恥の塊やった。。。」

と釈明した。ツイッターの動画はインターネットに接続されていないと見ることができず、飛行中に国内線機内からインターネット接続できるのは現時点ではJALだけだ。

青いANAの座席写った写真投稿するメンバーも

   ただし、必ずしもANAからJALに「完全に乗り換えた」というわけではなさそうだ。SKE48の鎌田菜月さん(18、70位入賞)や青木詩織さん(19、圏外)は移動中の機内の写真をグーグルプラス(Google+)に投稿。そこには青い背もたれの座席が映っており、ANAの普通席を利用していることが分かる。

   東京-福岡の運賃は、搭乗前日まで購入できる「特便割引1」(JAL)の場合、最も安くても普通席で片道2万6500円。1人往復させるだけでも5万円以上かかる。選抜総選挙に出馬したメンバーは272人。そこからHKT48の福岡県在住者を差し引いたとしても、スタッフの数を考慮すると4~500人は飛行機で移動したとみられ、航空会社にとっては数千万円単位の売り上げにつながったことになる。

   JALとANAのタレント起用をめぐっては、相武紗季さん(29)の「移籍劇」が有名だ。JALは06年に相武さんをイメージキャラクターに起用し、相武さんをペイントした「先得ジェット」まで就航させたが、13年秋にフジテレビで放送されたドラマ「ミス・パイロット」では、ANAのパイロット訓練生を演じた。同じ女優がJALのCAの制服とANAのパイロットの制服の両方を着るのは珍しい。

   現時点ではJALとANAは国内線向けCMにはそれぞれ嵐、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEを起用している。嵐の人気はきわめて高く、JALがAKB48を起用する可能性は低い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中