篠崎愛「おっぱいコンプレックス」告白 なぜかファンから厳しい意見が...

印刷

   超人気グラビアアイドルで歌手の篠崎愛さん(23)が自分の87センチGカップバストが気にいらない、などと発言し、スポーツ紙などが「篠崎愛はおっぱいコンプレックス」などと書きたてた。大きなバストは一番の売りであるにもかかわらず、ネットでは篠崎さんに対する批判や誹謗中傷の書き込みが溢れた。

   篠崎さんはかつて、お尻が大きいことがコンプレックスだとテレビで語った際に、ファンが「その尻がいいんだ!」などと絶賛、擁護していたのとは対照的だ。

  • 胸が大きいと水着コンサートは難しい?(画像はイメージ)
    胸が大きいと水着コンサートは難しい?(画像はイメージ)

1年前には「お尻コンプレックス」を語っていた

   篠崎さんが2015年6月7日に都内でDVD 「HOLIDAY」の発売記念イベントを開催した時のことだ。ソロ歌手デビューも果たした篠崎さんに対し、今回のAKB総選挙で指原莉乃さん(22)が1位になれば水着でコンサートをすると公約したが、篠崎さんは水着でコンサートはしないのか、といった質問が出た。

「絶対にできない。(胸が)気になって動けないし、歌えない」

などと自身の巨乳ぶりを嘆いた。胸は小学校の頃から大きくなり、「もっと小さくなれ」と願っていたそうで、せめてEカップならよかった、理想はDカップとも答えた。歌って踊るときに胸が邪魔になるうえ、Gカップだと似合う服が少ないとも語った。こうしたことからスポーツ紙などは、「巨乳すぎる篠崎愛、ポロリ怖くて水着ライブできない」などといった見出しを掲げ、「おっぱいコンプレックスがある」、などと報じた。

   実は、篠崎さんが肉体的なコンプレックスを語ったのはこれが初めてではない。14年8月7日放送のフジテレビ系番組「志村座」では、おしりコンプレックスがあるなどと語っていた。大きすぎるというもので、後ろから写真撮影されるのが凄く嫌で、できるならば隠したいし、「女豹のポーズ」などは特に嫌だなどと語っていた。

   これに対し、ファンからは、

「理想の体型の子きたーーーーーーーーーーーーーーー!! 愛ちゃん可愛すぎる」
「体型も大好きだけど、清潔感があるし、肌がキレイだからな」
「正に理想の女。ガリガリ女は見習え、骨」

などといった書き込みがネット上に出た。しかし、今回の「おっぱいコンプレックス」発言に関しては受け止められ方が全く違った。篠崎さんのプロポーションに対する批判や、「ファンはもうやめた」といった悪口ばかりが目立つ。中には誹謗中傷とも思える内容まであるのだ。

イ・ホンギさんと熱愛が影響?

   どうしてこんなことになったのか。その原因は、韓国アイドルグループ「FTISLAND」のイ・ホンギさんと熱愛報道にあるようだ。朝鮮日報日本語電子版は15年4月10日付けで、イさんと篠崎さんが日本の芸能関係者を通じて知り合い、14年10月末から交際中だという情報が出ていると報じた。韓国でもデートを楽しんでいたという目撃談が上がっているという。ただし、イさんの所属事務所は、

「二人は親しい友達であるだけで恋人の仲ではないと否定した」

と話したという。イさんと篠崎さんの熱愛のニュースは韓国の様々なメディアで取り上げられた。篠崎さんは15年4月16日に自身のブログで熱愛報道に対し、

「色々とご心配をおかけしお騒がせしてしまい本当に申し訳ありませんでした」

と自筆の謝罪文を掲載した。しかし、熱愛を否定する文言が書かれていなかったため、その理由に付いて様々な憶測が流れた。さらに、15年1月にイさんら「FTISLAND」メンバーがプライベートでタイを旅行している写真がネット上に「流出」。そこに篠崎さんと思われる女性が写っている、といった情報もあり、反発をかっていたようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中