JASRAC、著作権使用料払わない258施設に法的措置

印刷

   日本音楽著作権協会(JASRAC)は2015年6月9日、著作権使用料を支払わずBGMを流していた美容室や飲食店など171業者、258施設に対し、全国の簡易裁判所に民事調停を申し立てたと発表した。今回の申し立ては繰り返し催促しても手続きに応じなかった施設を対象とする。全国の支部が一斉に法的措置をとるのは初めて。

   1999年の著作権法改正をうけ、JASRACが店舗や施設から業務用BGM使用料の徴収を始めたのは2002年だった。当時は日本BGM協会や全国有線音楽放送協会などの支払い代行により、ほとんどの施設が適法に使用できていたという。

   しかし、携帯音楽プレーヤーやインターネットラジオなどBGMの音源が多様化。所定の手続きを取らずに使用し続ける店舗、施設が増えたという。JASRACはこれらに対し2013年度から個別に調停を申し立ててきた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中