「自分の道を進むのがいい」 松井玲奈、8月いっぱいでSKE48もアイドルも「卒業」

印刷

   SKE48の松井玲奈さん(23)が、2015年8月いっぱいでグループを離れ「卒業」することになった。15年6月11日未明放送の「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演し、発表した。「卒業」を意識し始めたのは2年ほど前で、ここ1年ほどで具体的な調整が進んでいたという。今後は、本格的に女優業に取り組む考えだ。8月末には名古屋で卒業関連イベントが企画されている。

   松井さんは08年にSKE48の1期生として活動を始め、松井珠理奈さん(18)とともに「W松井」としてグループの代表的存在として活躍。AKB48グループの選抜総選挙にも上位ランクインを続けていたが、15年は不出馬を表明し波紋を広げていた。

  • SKE48からの「卒業」を表明した松井玲奈さん(2014年7月撮影)
    SKE48からの「卒業」を表明した松井玲奈さん(2014年7月撮影)
  • 「JTB時刻表」2015年6月号の表紙を飾ったことも話題になった
    「JTB時刻表」2015年6月号の表紙を飾ったことも話題になった

「はっきりと『卒業しないですよ』とは言わないできた」

 

   松井さんによると、「卒業」を明確に意識した時期については「自分でははっきり覚えていない」ものの、2年ほど前(2013年)には「何となく、もうそろそろなのかな」といった考えをぼんやりと抱くようになった。ここ1年ほどで具体的な話が進み、その間にファンや記者から聞かれても「はっきりと『卒業しないですよ』とは言わないできた」という。

   松井さんは、自らの選抜総選挙不出馬や、総選挙にSKEメンバーが大量にランクインしたことが発表と関係しているとの見方を否定。「卒業」について大きく2つの背景を挙げた。ひとつは、自らの女優としてのキャリアとの関係だ。松井さんは「役者さんになりたくてこのグループに入った」という経緯があり、「沢山ステージに立って自分の夢に近づきたい」という思いでSKE48としての活動を続けていた。だが、

「SKEをしながらお芝居をするのも不可能なことではない。SKEにいて感じられること、楽しかったり(することがある)...。例えば総選挙にランクインして嬉しかったり、悔しかったり、色んな気持ちが48(グループ)にいると感じることができる。でも、それ以外の気持ちを私はあまり知らない」

とも話し、同世代の女性が普通に抱く感情に触れる機会が少ないことを指摘。こういった感情について、

「アイドルの松井玲奈ではなくて、一人の松井玲奈としてもっともっと知っていきたいという気持ちが芽生えた時に、グループから離れて自分の道を進むのがいいのではないかと感じ始めた」

と述べた。

「自分の中でSKEでやり残していることがなくなった、と感じた」
「私の中では『やりきったな』というところがあって、だから次のステップに進まなきゃいけないのかな、という気持ちが芽生えた」

とも述べた。

自分が抜けることで「頑張っているSKEをすごく見てみたいと思った」

   二つ目が、後輩育成の側面。松井さんを含む「先輩のメンバーがいることが与える安心感」が、後輩の「甘えてしまう気持ち」を生むとして、

「私が離れた時に、SKEがどういう風に、みんなが(松井さんのポジションが)一つ抜けたところをどうやって盛り上げていくんだろう。そうやって頑張っているSKEを私はすごく見てみたいと思ったので、卒業をしようという決断をした」

と述べた。

   松井さんは選抜総選挙に09年の初回から参加し、29位、11位、10位、10位、7位、5位と上位入賞を続けていたが、15年については3月24日にブログで不出馬を表明。ブログでは、

「私はきちんと皆さんに喜んでもらえるような活躍が『グループの中で』できているのだろうか? 正直に言えば胸を張ってできているとは言えないのが事実です」

と、SKE48内の活動が十分にできていないことを示唆した。この1年で自らの仕事の幅が広がったことを挙げながら、不出馬の理由を、

「地に足をつけて頑張りたいから、みなさんと自分としっかり向き合っていきたいから、選挙には出ないという答えを選びました」

などと説明していた。

   松井さんは14年には映画「gift」に主演したほか、14年春から約1年間にわたって公式ライバル「乃木坂46」と兼任。鉄道オタクぶりも有名で、バラエティー番組「笑神様は突然に...」(日本テレビ)の鉄道特集にもたびたび登場。「JTB時刻表」15年6月号の表紙にも登場し、創刊90周年で初めて女性タレントの撮り下ろし写真が表紙を飾ったとして話題になった。それ以外にもラジオ番組でアニメやアイドルの知識を披露するなど、独自路線で活躍の場を広げていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中