手越抱擁写真にゆきりん依然「だんまり」 ファン「本物と認めたくない」、「偽者説」や「合成説」も

印刷

   2015年6月11日発売の「週刊文春」にNEWS手越祐也さん(27)との「浴衣抱擁写真」が掲載された件について、AKB48の柏木由紀さん(23)は依然だんまりを決め込んでいる。

   そうした中、インターネット上では「別人説」や「合成説」、「ドラマの1シーン説」などが拡散している。本物だと認めたくないファンの悪あがきという側面もあるようだが、諸説を信じているファンもどうやら少なくない。

  • 柏木さんが騒動に触れる日はくるのか(写真は2014年9月撮影)
    柏木さんが騒動に触れる日はくるのか(写真は2014年9月撮影)

「本物は鼻にホクロない!」→ありました

   11日発売の文春には13年秋~14年初めに撮影されたという手越さんとの2ショット写真計2枚が掲載された。うち1枚は箱根の高級旅館で撮られたそうで、浴衣姿の手越さんが柏木さんを後ろから抱き、一緒にピースサインをとっている。相当密着している様子からも、親密な関係がうかがい知れる。写真は10日夕方、同誌サイトにモザイク入りで掲載され、11日には有料デジタル版でカラーが公開された。

   6日に行われた「AKB48第7回選抜総選挙」では、自己最高の第2位に入った柏木さん。同日夜にはツイッターを更新し、ファンに対し感謝の思いを綴っていた。以降も更新を続けていたが、報道前日である9日を最後にストップ。ブログ、トークアプリ「755」、グーグルプラスもそれぞれ報道後に新たな投稿はない。運営側も否定コメントや処分などを発表することなく、沈黙し続けている。

   こうした「だんまり」に耐えきれなくなったのか、ファンの間ではさまざまな「偽物説」が浮上している。

   1つめは「別人説」で、ファンらは「本物のゆきりんは鼻にこんなホクロはない」などとしている。だが過去の映像や画像を見てみると、ほぼ同じ位置にホクロがくっきり写っているケースも。そもそもホクロはメークである程度隠すことができ、写真ならば編集ソフトの加工で消すことも可能だ。残念ながら「ホクロ」は別人説の根拠にならないだろう。

   2つめは「合成説」だ。一部ネット上では「合成に使われた元画像を発見!」と盛り上がりをみせている。

   確かに顔の近くでピースサインを作り、目線を外している部分は同じだ。しかし前髪は分け目が逆であり、顔の角度も異なる。加えて、別人説で話題になった「ほくろ」が「合成元」とされる写真には写っていない。むしろ報道された写真が「柏木さんのおなじみの写り方」であることを裏づけることとなってしまった。

2ちゃん賑わせた「釈明コメント」もすぐに捏造判定

   3つめは「ドラマの1シーン説」だ。13日昼、柏木さんのものとする「釈明コメント」が2ちゃんねる界隈を賑わせた。コメントの形式からグーグルプラスに同日11時ごろ投稿されたもののようだ。これによれば、文春に掲載された写真はお蔵入りになったドラマの一場面に使ったものであるという。

   だが柏木さんのグーグルプラスを見てみると、最新の投稿は4月26日。投稿後間もなくして削除された可能性はゼロではないものの、最初に取り上げた2ちゃんねるのスレッドにはソース情報はなく、ここ以外には目撃情報も見当たらない。ツイッターでは信じ込んでいるファンのコメントがいくつも見つかるが、2ちゃんねる内では「こういう捏造も犯罪」「俺が考えたやつと同じ」「狂ったヲタの現実逃避か愉快犯の捏造」と早くも相手にされなくなっている。

   さらに双方の一部ファンの間では「メディアがデマだったと謝罪した」といった誤解も広まっている。しかし残念ながら、元になっている情報は北海道のローカル番組「U型テレビ」が13年10月に公式サイトに掲載した手越さん熱愛報道に関するお詫び文で、時期も媒体も異なっている。にもかかわらずネットでは「メディア側が謝罪」との情報が雑に伝わり、結果的に勘違い者が続出している。

   もっとも、ファンたちがこれらの説をどこまで本気で信じているのかは分からない。だが否定や釈明、謝罪コメントが出ない以上、ファンらは「ゆきりんの無罪」にわずかながらでも希望を見出したいのだろう。

   なお、13日放送のラジオ番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ系)ではAKB48総合プロデューサーの秋元康氏がこの騒動に言及。ただし「どうなんですかね、僕もよく分からないんですけど。『どうなの?』って僕が聞いてますよ、スタッフに」と自身も把握していないようだった。一方、柏木さんは14日放送のラジオ番組「柏木由紀のYUKIRIN TIME」(JFN系)に出演したが、騒動に対しては触れていなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中