ツイッターに「先生嫌い」と書き込むと処分されるのか 学校側の「停学提案」に「やりすぎ」の声続々

印刷

   中学生や高校生がSNSで不適切な投稿をし、大きな騒動に発展するケースが後を絶たない。

   今度は、沖縄本島中部にある県立高校生徒が「先生嫌い」というツイートをして、学校側から停学処分を提案された。ネット上では「処分はやりすぎだ」との声が相次いで上がり、賛否両論の論議が展開されている。

  • 生徒「嫌いな人を嫌いと書いただけ」(画像はイメージ)
    生徒「嫌いな人を嫌いと書いただけ」(画像はイメージ)

「生徒を別室登校させ、日誌指導やネットの利用方法を学ぶため」

   2015年6月13日付け沖縄タイムズ電子版によると、投稿のきっかけは、15年5月に同校の教員十数人が飲食店で開いた懇親会。アルバイト店員として働いていた他校の生徒が「大きい拍手したり最悪」と教員の振る舞いをツイッターで報告し、これに同校の生徒が「(部活名)の顧問?」「あの先生嫌い」と反応したらしい。

   学校側は6月初旬に書き込んだ生徒を呼び出し、公開の場で個人攻撃しないよう注意したという。生徒は書き込んだことを認めたものの、「嫌いな人を嫌いと書いただけ」と反論。同校は全体の職員会議で対応を話し合い、12日に保護者同席の場で停学5日となる可能性を生徒へ伝えた。アルバイト店員も投稿を認め、通学する高校から指導を受けたという。

   沖縄タイムズの取材に対し、同校は「生徒を個別に指導したが、情報モラルの理解が不十分だったため、今後のことも考えて決めた」「(停学について)あくまで生徒を別室登校させ、日誌指導やネットの利用方法を学ぶため」と回答している。

   保護者側は「処分は一方的。決める前に話し合いをしてほしかった」と反発を強めているとしている。

   騒動が報じられると、ツイッターでは「やりすぎだ」と学校側の処分を批判する声が相次いだ。

   教員の「不作法」が事の発端と受け止められたためか、「流石に言論弾圧でしょ」「教師はなんでも思い通りに教育していいと思ってる」「保護者の立場だったら、学校に殴り込む」と学校側への風当たりは強い。

   ただ、「いい傾向のような気がする」「退学にすればいい!こんな子は!」と処分を評価する声も無いわけではない。

   沖縄県教育委員会はJ-CASTニュースの取材に対して「停学という処分を持ちだす、このようなやり方は珍しいと思います。初めてのことではないでしょうか」と驚きつつも、「学校が現在置かれている状況を考慮した上での決定だと思いますので、成り行きを見守ります」と話した。

ツイッターに溢れる「先生嫌い」発言

   ネット上に教員への悪口や批判を書き込んだ生徒(学生)が処分された事例はないわけではない。2013年、教員を誹謗中傷した学生が停学処分となった、と書かれた帝京大学の掲示物が画像でネットに出回った。また同年、当時バスケットボール部の体罰問題で揺れていた大阪市立桜宮高校の生徒が、同部顧問をツイッターで批判して無期停学処分を受けたと明かしている。いずれも学校側からの正式発表はされていないが、ネットユーザーに注目された。

   一方、「先生の悪口」はネット上に溢れ返っている。試しにツイッターで「先生嫌い」と検索すると、教員への批判を綴る中学生や高校生のツイートが大量に見つかった。「専攻科の先生嫌いな人ばっかり」「社会と情報の先生嫌い」など多くは名前を伏せているが、中には「○○○○○先生嫌い」「みんな○○先生?嫌い」(伏せ字は編集部)と個人名を出したものも散見される。

   プロフィール欄に学校名を明記している生徒もおり、その気があれば外部の人間でも簡単に特定できてしまう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中