「万年野党の『何でも反対』路線が先鋭化」 民主・長島氏が党批判

印刷

   民主党の長島昭久衆院議員(元防衛副大臣)は2015年6月15日付で民間シンクタンク「公益財団法人国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)のウェブサイトに「目を覚ませ、民主党!」と題して寄稿し、12年12月の下野から2年が経過した今となっては「民主党を『改革政党』と見なす国民はほとんどいまい」などと党の体質を批判した。

   寄稿では、労組をはじめとする組織出身の議員が大半を占めた結果、「改革路線は維新の党にすっかりお株を奪われ」た上、

「私たちが標榜した『保守二大政党』とは似ても似つかぬ万年野党の『何でも反対』路線がますます先鋭化している」

などと嘆いた。

   その上で、「解党的出直し」しか道はないとして、(1)労組依存体質からの脱却(2)社会保障に偏った「大きな政府」路線の見直し(3)現実的な外交・安全保障政策への回帰を求めた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中