謎の天才歌手「Hotzmic」はつんく♂の実娘だった? 所属事務所は「ノーコメント」だが...

印刷

   軽快なダンスビートに乗って、歌い、踊る1人の少女。音楽プロデューサー・つんく♂さんが手掛ける謎の新人歌手「Hotzmic」(ほつみっく)さんの素性が話題となっている。

   ネット上では、さまざまな証拠を基に「つんく♂さんの娘ではないか」とウワサされているが、所属する事務所は「ノーコメント」とだけしか回答せず、それがまた憶測を呼んでいる。

  • 正体は誰なのか…(画像はYouTubeに公開されたMVのスクリーンショット)
    正体は誰なのか…(画像はYouTubeに公開されたMVのスクリーンショット)

レコーディング当時は6歳の少女

   Hotzmicさんのデビュー曲「I'm a lady now」は2015年6月16日、つんく♂さんが代表取締役を務める芸能事務所「TNX」の公式アカウントからミュージックビデオ(MV)としてYouTubeに公開された。ダンスビートに、ファミコンの内臓音源チップで作りあげたような少しチープな電子音が重なる。Hotzmicさんはリズムに合わせて体を揺らしながら、全編英語の歌詞を歌い上げる。MV以外に、インタビュー映像も同日公開。こちらも全て英語で答えている。

   Nintendo3DSのソフトとして11日に発売されたゲーム「リズム天国 ザ・ベスト+」の挿入歌で、CD化はされていない。ただ、作曲を担当したつんく♂さんは並々ならぬ情熱を傾けているようで、11日のブログに「この作品を仕上げるまで俺は絶対に倒れるわけには行かないんだ!そんな気持ちでした」と書いている。

   同時に、歌手は6歳(レコーディング当時)の女性だと明かし、「彼女の声はマイクのノリもよく、立ち上がりも早く、伸びもあります」と分析している。

   MVが公開されると、その流暢な発音と自然な歌い方に「天才現る」「ハロプロ入ったらお祭り騒ぎになる」など絶賛する声が寄せられた。

   一方、詳細なプロフィールについては伏せられたままだ。事務所公式ホームページには名前がなく、MVも暗い部屋で撮影されているため顔を判別しづらい。

   しかし、各種SNSや掲示板では「つんく♂さんの娘ではないか」という噂も出回り、一部まとめサイトは「『Hotzmic』の正体がつんく♂の娘と確定」と断定的に記している。MVと比較可能な証拠とされているのが14年、ネット上に流出した数枚の写真だ。ハロー!プロジェクト所属アイドルのコンサートに訪れた人物が楽屋内で撮影後、SNSに投稿したもので、女性に抱かれた私服姿の幼い少女が写っている。根拠は不明ながらこの少女が以前より、つんく♂さんの娘だと指摘されているようなのだ。

   娘もHotzmicさんもプロフィールは未公開だが、写真の少女とMVで一瞬映る顔の照合作業が行われた結果、双方が「同一人物」だと一部ファンに結論付けられたらしい。

   確かに2人の少女は似ているが、どうなのか。所属事務所のTNXに取材したところ、「今のところ、Hotzmicの情報を公開する予定はない」とした上で、実娘かどうかについては「ノーコメント」とのみ回答を寄せた。

つんく♂は娘の芸能界進出OK

   その他、Hotzmicさんとつんく♂さんの娘に共通点がないわけではない。つんく♂さんは2006年に、12才下の元モデル・加奈子夫人(34)と結婚し、08年に男女の双子を、11年に次女を授かっている。

   現在長女の年齢は6歳から7歳と推定され、Hotzmicさんと重なる。さらに、つんく♂さんも娘の芸能界入りに反対していない。10年11月13日付けスポーツニッポン電子版によると、同月都内で行われた自著の出版記念イベントで「(子どもたちから)仮に『AKB48に入りたい』と言われても、一番を獲れるなら行ってこい、と言います」と語っている。

   ただ、公式発表は何もなされておらず、その素性は依然謎のままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中