トヨタ社長、米女性役員逮捕で「法を犯す意図がなかったことが明らかにされることを信じている」

印刷

   トヨタ自動車の豊田章男社長は、麻薬取締法違反の疑いで常務役員のジュリー・ハンプ容疑者が逮捕されたことを受け2015年6月19日に記者会見し、「世間をお騒がせしましたことを申し訳なく思っております」と謝罪した。

   捜査に協力するとしつつ、「ハンプ氏は私にとってもトヨタにとってもかけがえのない大切な仲間。法を犯す意図がなかったことが明らかにされることを信じている」と述べた。

   ハンプ容疑者は米国から日本に麻薬成分を含む錠剤57錠を輸入した疑いで18日、警視庁に逮捕された。容疑を否認している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中