misonoは「付き合ったら面倒くさそうな女」か 本人は「言われた事がないけどなぁ?!」とブツブツ...

印刷

   歌手のmisonoさん(30)がネットニュースに不満たらたらだ。

   ある記事で「付き合ったらめんどくさそうな『地雷女』だと思う女性タレント」の2位に選ばれたことを受け、2015年6月20日のブログで反論している。

  • misonoさんはランキングにブログで反論(写真:中井幹雄/アフロ)
    misonoさんはランキングにブログで反論(写真:中井幹雄/アフロ)

「『ワガママ、ヤキモチ、束縛、嫉妬、連絡』しないし」

   記事は「週刊SPA!」運営の情報サイト「女子SPA!」が6月18日に掲載したものとみられ、misonoさんは女優の遠野なぎこさん(35)に次いで2位にランクインしている。女子SPA!編集部がリストアップした候補者20人について、男女各150人にアンケートを行った結果だそうだ。

   misonoさんはブログで「1位の遠野なぎこ姉さんの『あと』っていうのも、凄い(笑)」としながらも、結果には納得できないのか、「でも、彼氏から『めんどくさい』と言われた事がないけどなぁ?!」とコメント。さらに、

「『ワガママ、ヤキモチ、束縛、嫉妬、連絡』しないし、どちらかというと『2番目でもいい』って言うくらいだし、『世話がかからない』方だと思うけど?!」
「じゃなきゃ、『都合のいい女性』は、出来ないし『都合いいわ』って、ホメられないし(笑)」

と、これまでの恋愛を振り返りつつ反論した。

   ただ、全く心当たりがないというわけではないらしい。misonoさんは嬉しいポイントや怒るポイントが普通の女性たちと異なるらしく、「発言&行動がよめないから『めんどくさい』のかも?!」とみる。また、「芸能人としても『扱いにくいアーティスト』だと思ってる人もいるんだろーけど」とも分析したが、これについては、

「スタッフさんからも全てを言動、形にするし、どれも真実だから、確かに『共感は出来ないし、理解しがたい』けど、素直で、直球だから、『分かりやすくて、いい』と、言われるしなぁ?!」

と、周囲からは理解を得られていることを強調した。

反論ブログ自体が「面倒くさい」証拠?

   だが、misonoさんの反論はあまり理解を得られていないようだ。ブログに対し、ネット上では、

「直接言うと面倒臭くなるから言われないだけだろ」
「そりゃ彼氏は一応お前のこと好きなんだから『面倒くせー』とは言わねーよ!そういう自分を分かってないとこが十分面倒くせー!!!」

といった声が上がっているほか、そもそも反論していること自体が「面倒くさい」証拠だとする指摘もある。なおランキング上位10人の中で、自身のブログ等でこれに言及しているのはmisonoさんただ1人だ(22日昼現在)。

   実際の恋愛において「面倒くさいかどうか」は不明だが、芸能人としてはすっかり「お騒がせ」のイメージが定着している。

   misonoさんは30歳になる14年に芸能界を引退するとテレビ番組内で公表するも、その後、引退宣言を撤回。「引退詐欺」などと批判を浴びることとなった。また14年7月にはバラエティー番組内で「いろんな人の子どもが産みたい」などと自身の恋愛観を赤裸々に表現した「替え歌」を披露し、視聴者をあ然とさせたこともあった。

   直近では、自身が所属するエイベックスが主催する新人発掘オーディションのイメージビジュアルに自身の姿が無いことにショックを受け、6月11日のブログで

「会社(学校)へ行くと『自分の机の上に花瓶』が、置かれてたような気分になった(笑)『空気のような存在』みたいで、イジメられてた、小学校、中学校を思い出した!」

などと悲しみをぶちまけ大騒ぎしたが、その後、歌手としてだけでなく多方面で活躍しているという理由から未掲載になったという事情を知り、17日のブログで「何だか、申し訳ない事しちゃったなぁ」と反省していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中