松本人志、「福岡」を大絶賛  屋台は最高、レギュラー番組持ちたい

印刷

   ダウンタウンの松本人志さん(51)が福岡を「めちゃくちゃいい」などと絶賛している。英国の月刊誌が毎年発表している「世界の住みよい都市ランキング」のベスト10に福岡を含む3都市がランクインしたのを受けての感想だ。

   特に屋台がお気に入りだといい、「福岡でレギュラーやりたい」と言い出すほどだ。福岡のどういった点が評価されてランクインしたのだろうか。

   ランキングは英国の総合月刊誌「モノクル」が、07年の創刊以来、犯罪率、公立学校の数、景気、公共交通網、緑地スペース、日照時間などをもとに算出。14年のランキングでは2位に東京、京都が9位、福岡が10位にランクインした。

   このランキングが6月21日にフジテレビで放送されたバラエティー番組「ワイドナB面」で取り上げられ、松本さんは、

「東京2位はすごいな~、京都はまぁ分かりますけどね」

と感想を漏らした。司会者から住みたい場所を聞かれると、

「この中だったら絶対に福岡ですね。福岡、めちゃくちゃいいですよ!」

と即答した。

  • 福岡市は通勤・通学の時間が短いのが魅力だ
    福岡市は通勤・通学の時間が短いのが魅力だ

都市の半分以上は緑地で山、海、畑も近距離にある

   「モノクル」の発表資料によると、福岡は「日本国内の小都市で独自路線を歩んでいる良い例」で、

「都市の半分以上は緑地で山、海、畑も近距離にある。犯罪率は低く、スモールビジネスが活性化されており自転車通勤が人気となっている。福岡が日本の中で急成長を遂げているというのが驚きではない」

と評価されている。それ以外にも、福岡市が開設しているウェブサイト「データでわかるイイトコ福岡」によると、私立高校の年間平均授業料の安さや、港別外国航路乗降人員数、通勤・通学の時間と利便性などが国内で福岡市が「ナンバー1」だ。

   松本さんは、とりわけ「食」に魅力を感じているようで、

「食べ物おいしいし、屋台とか最高じゃないですか!あの狭いスペースの中で何でも作るんですよ! 魔法使いじゃないかっていうぐらい。それで安いですよ。すっごい安い。1人2000円もあれば、十分腹一杯飲んで食うてして...」

などと熱弁をふるった。さらに、福岡のテレビ局に「ラブコール」も送った。

「好きなんですよ、ちょっとほんと、福岡でレギュラーやりたいなと思って」
「ほんとやりたいぐらいなんですよ」

「人もいいですし、キャバ嬢もいいですし...」

   司会者から「住むのもありですか?」と聞かれると、繁華街の中州(博多区)を念頭に置いているのか、

「人もいいですし、キャバ嬢もいいですし...」

と答え、他の出演者を笑わせていた。

   首都圏在住者が福岡のテレビ局にレギュラー出演している例としては、博多華丸・大吉や芸能リポーターの井上公造さん(58)などがあるが、いずれも福岡県出身だ。福岡県人以外では、映画評論家のおすぎさん(70)が九州朝日放送(KBC)に出演している程度で、あまり多くはない。

   6月21日の放送での松本さんの発言は、5月24日の放送で扱われなかった部分を「復活」させる形で登場したが、番組収録後の6月11日には15年のランキングが発表されている。15年のランキングでは東京が2位から1位にランクアップする一方、9位の京都は14位、10位の福岡は12位にそれぞれ順位を落としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中