元少年A手記「絶歌」 神戸市立図書館は購入せず

印刷

   神戸市の久元喜造市長は2015年6月23日の定例会見で、神戸連続児童殺傷事件の加害男性(32)が「元少年A」として出版した手記「絶歌」(太田出版)について、市立図書館では購入しないことを明らかにした。

   久元市長は「遺族への配慮がないまま出版され、甚だしい精神的苦痛が生じていることは大変遺憾に思っている。事件が発生した自治体としては、遺族の気持ちに寄り添う対応をしたい」と説明。ただ、出版や表現の自由などの観点から、販売自粛の呼びかけは行わないとした。

   兵庫県立図書館は17日、被害者遺族の人権や心情に配慮するとして、貸し出しを制限する方針を決めた。研究目的などの場合に限り、館内限定で閲覧を認めるという。この対応について同県の井戸敏三知事は22日の定例会見で「慎重さを期した、やむを得ない措置ではないか」と理解を示した。手記に遺族が抗議していることに触れつつも、「行政機関が主体的にタッチする話ではなく、良識ある読者が判断されるべきこと」と述べた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中