アイドルグループが「自民倒しましょう!」 イベント後援した市が大慌て

印刷

   「諸悪の根源、自民党」「本気で自民党を倒しましょう!」。女性アイドルグループ「制服向上委員会」が、出演イベントでこんな政治的な内容の歌を歌っていたとして、神奈川県大和市と市教委がイベントの後援を取り消す方針を示している。

   このイベント「若者と国家―自分で考える集団的自衛権」は、大和市保健福祉センターで2015年6月13日に行われた。

  • 歌の内容が波紋呼ぶ(記事のイベントではありません)
    歌の内容が波紋呼ぶ(記事のイベントではありません)

「大きな態度の安倍総理」などと揶揄する内容

   主催者は、憲法9条改正に反対している市民団体「憲法九条やまとの会」だ。イベントでは、防衛官僚出身の柳澤協二さんが安保関連法案などについて講演した後、制服向上委員会のメンバーがグループの歌を披露した。

   報道などによると、メンバーは、脱原発や米軍基地移設反対などをテーマにした5曲を歌った。替え歌にしたケースもあり、前出のフレーズのほか、「大きな態度の安倍総理」などと自民党や安倍晋三首相を名指しで揶揄する内容だった。

   制服向上委員会は、1992年に結成され、活動の一時中断を経て、最近は、「ダッ!ダッ!脱原発の歌」など政治的主張を盛り込んだ歌も多い。この曲も、イベントで歌われていた。

   大和市の国際・男女共同参画課によると、担当者がこのイベントを見て、特定政党を批判・揶揄するのは後援の基準には合わないと判断し、事後に取り消す方向になった。イベントの数日後には、自民党市議からも「自治体が後援するのはどうなのか」と抗議が来ていた。

   市の方針が地元紙などで6月24日に報じられると、ネット上では、様々な意見の書き込みがあった。

   取り消し方針に反対する声もあり、「言いたいことも言わせない、臭いものに蓋」「中高生に批判されたくらいで自民党も余裕がないな?」といった意見があった。

「そもそも後援すべきではなかった」との声も

   一方で、取り消し方針に理解を示す向きも多かったが、「特定の政治思想をもったイベントを自治体が後援すること自体がおかしい」などとそもそも当初から後援すべきではなかったとの声が相次いでいる。

   大和市はなぜ、9条改正に反対している市民団体のイベントを後援したのだろうか。

   市の国際・男女共同参画課では、取材に対し、次のように説明した。

   「確かに、9条を守ろうという主張はありますが、総体的に広く平和について考える市民団体と理解していました。つまり、特定の政治的な考え方を進める団体ではないということです。制服向上委員会については、後援することになってから出演が決まりましたが、グループにヒアリングして、平和について考える歌を歌うということを確認しました。自民批判などの内容を歌うとは、そのときは知りませんでした」

   ただ、市が後援することについては、イベント前から市議会で議論になっていた。

   市民1人から5月20日、市が後援することは疑問だとして政治的中立を守るよう市に勧告することを求める陳情が市議会に提出され、6月4日になって文教市民経済常任委員会で議題になった。公明党や共産党の委員らの賛成多数で、結論を出さずにこれ以上審査しないことになったが、自民党の委員からは、審査をすべきだとの反対意見が出ていた。

   市の担当者は、こうした意見を受けて、後援の基準に本当に合っているか確かめようとイベントに出ていた。

   国際・男女共同参画課では、6月25日に市民団体側と会って、取り消し方針を伝え、団体側が反対しても方針を変えないとしている。報道によると、団体側は、自由な意見を出し合うイベントであり、市は後援を取り消すべきではないと主張している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中