さよなら、三毛猫の「たま駅長」 急性心不全で逝く、人間に例えると80歳

印刷

   和歌山電鉄貴志川線の貴志駅で駅長を務めてきた三毛猫「たま」が2015年6月22日夜、急性心不全のため入院中の動物病院で死んだ。雌の16歳で、人間に例えると80歳くらいだった。24日、和歌山電鉄が発表した。28日午後0時半から、貴志駅コンコースで社葬が営まれる。

   たま駅長は1999年生まれで、もともとは貴志駅の売店で飼われていた。貴志川線が南海電鉄から和歌山電鉄に移管された翌年の2007年、駅長に就任。テレビなどに取り上げられて話題となり、貴志駅は駅長目当ての観光客でにぎわった。

   各種報道によると、15年4月29日に行われた誕生日セレモニーでは元気な姿を見せていたが、5月から鼻炎で体調を崩して入院していたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中