ローラと有田哲平は単なるお友達なのか 相次ぐ交際、結婚報道は「すべて嘘」?

印刷

   タレントのローラさん(25)とお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平さん(44)の結婚が間近だとの報道が相次いでいる。

   ローラさんはツイッターで「嘘な記事」と全面否定したのだが、事実無根の内容が何度も週刊誌で報じられるのも不思議だ。

  • 結婚報道の真相は明らかになるのか(写真は2012年11月撮影)
    結婚報道の真相は明らかになるのか(写真は2012年11月撮影)

アンタ山崎やネプチューン堀内から出てきた噂?

   ローラさんと有田さんの交際が最初に報じられたのは2012年6月8日号の写真週刊誌「フライデー」で、毎週日曜日に有田さんのマンションに通うローラさんのスクープ写真が掲載された。この時ネットでも、ローラさんのブログに有田さんとの交際が垣間見える写真がアップされていた、などと話題になったが、

「恋人じゃなくて、お友達なんだよ~ そんなわけないもんっ」

とあくまでも友達の関係だとローラさんは釈明した。この後で2人は距離を置いたという報道もあったのだが、「週刊文春」の14年11月20日号では2人の「蜜月」は続いているとし、私生活だけでなく自分が所属している事務所にローラさんを移籍させて面倒を見ようとしている、などと書いた。そして出てきたのが「結婚間近」の報道である。

   15年6月1日付けの「週刊実話」電子版は、「アンタッチャブル」の山崎弘也さんや、「ネプチューン」の堀内健さんなど有田さんと親しい芸人あたりから出てきた噂だとして、

「有田は『いまの芸能界で一押しの女性はローラ、本気で結婚したい』とまで言っていた。ゴールインは近いだろう」

とした。そして現在ネットで騒然となっているのが現在発売中の「女性セブン」(15年7月16日号)の記事だ。見出しはズバリ「有田・ローラ『結婚OK』までの愛の軌跡」となっている。記事によると、ローラさんにぞっこんの有田さんはプロポーズを繰り返し、3億円といわれる豪邸も用意した。最初はローラさんにその気はなかったものの、結婚を決意するきっかけになったのが13年6月に起きたローラさんの父親の詐欺事件。傷心のローラさんに親身に寄り添い力になったことから、「大切な男性。絶対に裏切れない」と思うようになり、有田さんのプロポーズを受けた、などと書いている。

   ただし、ローラさんは、15年6月25日に自身のツイッターで、

「ありさんと連絡まったくとっていないのに。。嘘な記事やだ」

などとつぶやいて記事内容を全面否定した。

複数の週刊誌が事実無根の記事を書き並べるものなのか

   そんなローラさんに対しファン達は、ローラさんのツイッターに「ローラを全面的に信じる」「嘘記事を書く週刊誌は絶対に許せない」などといったリプライを大量に並べて、全面的に応援する構えを見せている。一方ネットでは、複数の週刊誌が事実無根の記事を書き並べるものなのか、などといった疑問も生まれていて、

「そりゃガチだとしても、今は否定しないとヤバいだろ」
「『電撃入籍』とかは絶対なしでお願いします」

などといった書き込みや、2人は現在、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で共演しているけれども「付き合っているとしか思えない」などといった感想も出ている。J-CASTニュースは2人の所属事務所に週刊誌の記事は本当なのか嘘なのかを問い合わせてみたが、ローラさんが所属する「LIBERA」は、

「担当者が外出していて、いつ戻るかということは把握しておりません」

ということだった。有田さんの所属事務所「ナチュラルエイト」にはメールで問い合わせをしているが、返事はまだ来ていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中