5月の実質消費支出、前年比4.8%増、14か月ぶりに増加

印刷

   総務省が2015年6月26日に発表した5月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の実質消費支出は前年に比べて4.8%増えた。増加は14か月ぶり。1世帯あたりの消費支出の実額は28万6433円。14年4月の消費税率の引き上げに伴う反動減が一巡したのを主因に、景気の回復基調が見込まれる。季節調整済みの全世帯消費支出は前月比2.4%増となり、2か月ぶりに増えた。

   ただ、総務省は消費支出の基調判断を「緩やかな回復傾向が続いている」に据え置いた。

   内訳をみると、住居の設備・修繕維持や自動車の購入、定期代などの交通・通信、エアコンや冷蔵庫など家庭用耐久財などが押し上げに寄与。交通・通信が大きく伸びたほか、消費税率引き上げ後の落ち込みが激しかった品目の増加が目立つ。エアコンについては、5月の気温が高めだったことも影響した。

   また、5月の勤労者世帯の実収入は1世帯あたり43万325円で、前年比1.5%増と2か月連続で増加。名目も同2.2%増となった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中