ギリシャ首相「どうやって支払えというのか」 デフォルト秒読み?

印刷

   ギリシャのチプラス首相は2015年6月29日、国際通貨基金(IMF)に対する15億ユーロ(約2100億円)の債務について、地元テレビのインタビュー番組で、「銀行が窒息状態にあるのに、どうやって支払えと言うのか」と述べ、30日の期限までには返済できないとの認識を示した。現地メディアなどが報じた。

   IMFが定める返済期限は米東部時間の6月30日午後6時(日本時間1日午前7時)で、ギリシャが債務不履行(デフォルト)状態に陥る可能性は現実味を増してきた。

   また、欧州連合(EU)の構造改革案(緊縮財政策)の是非を問う国民投票を7月5日に予定している。チプラス首相は、この国民投票を「交渉を続けるための手段」と明言。「(EU加盟国が)われわれをユーロ圏から追い出すことはないだろう。代償が甚大だからだ」と語り、国民投票で反対が多数を占めた場合でも、ユーロ圏の残留を目指して支援交渉を続ける意向を明らかにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中