TMR西川の「アンコールは義務じゃない」が大反響 実は多くの音楽ファンが感じていた「惰性じゃいけない」

印刷

   歌手のT.M.Revolutionこと西川貴教さん(44)の「アンコール論」が話題になっている。

   西川さんは2015年6月29日から30日にかけてのツイートで、ライブ本編後のアンコールは義務でも強制でもなく、アーティストがファンの求めに応えて行う「心と心の呼応」だと指摘。ファンに改めて理解を求めた。

  • 西川貴教さん(13年9月撮影)
    西川貴教さん(13年9月撮影)

スマホいじったり、座っておしゃべりしたり...

   発言の直接のきっかけとなったとみられるのは、前日28日に行われた全国ツアーの佐賀公演だ。この日、西川さんはアンコールで5曲を披露したが、ライブに参戦したファンらのツイートによると、最初はアンコールの声があまり盛り上がらず、座ったままの人も少なくなかったという。そのためステージに戻った西川さんは「アンコールはしません」と伝え、一度はそのまま終了になりかけたそうだ。

   翌29日、西川さんはツイッターを更新。「常々アンコールに関してお答えしていますが」と切り出し、「基本は本編で全て完結しており、チケット代はこの本編に対して頂戴しております。更に求められ、それに応える心と心の呼応がアンコールです」と述べた。

   その上で「本当に求めて頂ければ、いくらでもお応えします。ですから『もっと』のアピールは、強く大きくお願い致します」とファンに訴えた。さらに30日のツイートでは、

「お客様にアンコールを強要している訳ではなく、アンコールを頂きステージに出ると、スマホを触ったり、着席して談笑されてることがあるのでアンコールは演る側も義務ではありませんし、お客様も強制ではありませんよ、というそもそものお話をさせて頂きました」

と前日のツイートを補足した。

   西川さんはかねてから全員参加型のライブを大切にしており、アンコールについてもファンとの共鳴を重視してきた。佐賀公演での出来事を受け、自身のスタンスを改めて示そうと考えたのだろう。

「前から惰性のアンコールは演者に申し訳ないと思ってた」

   西川さんの「アンコール論」は現在もインターネット上で大きな反響を呼んでいる。

   「みんながみんな同じ温度、気持ちで観てるわけじゃない」「地方はライブ慣れしてないんだよ。仕方ない」などの意見も出ているが、賛同する声は多く、

「賛成です。前から惰性のアンコールは演者に申し訳ないと思ってた」
「アンコールはお客が必死に求めてアーティストを引っ張り出すものだと思う」
「最近行くライブ、本当アンコールしないでただただいるだけの人本当多い」
「特に会場が大規模になるほど、どうせ他の奴らがアンコール言うだろって空気を感じる」

といったコメントが続々と上がっている。

   現在、国内で行われているライブではアンコールに応えて数曲を披露するのが一般的。アンコールを前提にセットリストを組んでいるケースも少なくなく、観客は往々にして「アンコールで再び登場するのは当たり前」と思いがちだ。今回の発言は西川さんファンだけでなく多くの音楽ファンにとって、形骸化しているアンコールの姿を今一度見直すきっかけにもなったようだ。

   なお複数ファンのツイートによれば、かつては「KinKi Kids」の堂本光一さんも「アンコールは呼ばれなければ出ない、当たり前にやるものではない」といった趣旨の発言があったそうだ。

   ただ、アンコールの考え方やスタイルは、個々によって異なるだろう。自らアンコールを促すアーティストもいれば、やらない姿勢を貫いているアーティストもいる。

   ロックバンド「GLAY」のギタリストHISASHIさんは、ツイッターで西川さんの発言についてファンから質問を受けると、

「人(バンド?)それぞれスタイルがあり一概に何が正解って無いと思うんだよね。ファンとメンバーで作り上げていく事なのでは?」(7月1日投稿)

との見方を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中