中国の日本自衛隊分析番組になぜか「ガンダム」登場 国営テレビに「日本讃えるのは許せない」と批判殺到

印刷

   中国の国営テレビ局「中国中央電視台(CCTV)」が日本の安全法政問題と自衛隊に関する番組を放送した際に、なぜか「機動戦士ガンダム」の映像が流れた。

   ガンダムは中国でも有名だが、「バカなことを放送するな」とか、「日本の科学技術を讃えるのは許せない」、などとCCTVへの批判が起き、ちょっとした騒ぎになっている。

  • 中国国営放送になぜかガンダム?
    中国国営放送になぜかガンダム?

「日本はやはりガンダムを開発していたのか・・・」

   CCTVがガンダムの映像を流したのは2015年6月30日放送の時事解説番組「今日のフォーカス」。日本の安保法制問題を指摘する内容で、専門家が登場、安倍首相批判や自衛隊批判を展開した。画面に「日本自衛隊資料」という字幕を出し、日本のイージス艦や戦車などの映像と共に戦力分析を行った。その中で一瞬、見覚えのある人型のロボットのようなものが映った。

   ガンダムは中国でも有名で、数年前にはガンダムそっくりな建造物が遊園地に建てられ騒ぎになったほど。ただ、どうして自衛隊の戦力分析の番組でガンダムが出て来たのか、あっけに取られた視聴者が多数いたようだ。日本ではファーストガンダムと呼ばれるもので、アニメの主人公、アムロ・レイが搭乗した。この他にも「Zガンダム」と思われるCGによる機体の写真も登場した。

   ガンダムを知らなくても、自衛隊にこのような兵器があるとすれば物凄いことだ。中国のネットではこのロボットについて「RX-78-2だ」などと、日本のファンでもめったに使わない機体番号で説明したり、マンガ作品「機動戦士ガンダム0079」を持ち出したりと、オタクが知識を披露しまくっている。

「日本はやはりガンダムを開発していたのか・・・」
「ガンダムがあるなら中国は日本に勝てない」

と事実を知りながらおどけている人もいる。

動画は 「カップヌードル」発売40周年を記念して日清食品が制作したもの

   その一方でCCTVに対して、

「正気か?」
「自衛隊にガンダムがいるって放送してるぞ」
「CCTVは間違ったニュースを流すのが仕事なのか。ギャグでも全然面白くない」
「CCTVには日本の犬がいる。日本の科学技術は中国より遥か上だということをこの動画で見せたのだ」

などと怒っている人もいる。

   CCTVがなぜ自衛隊の戦力分析でガンダムを出してきたのかは不明で、中国国内でも真相は明らかになっていないようだ。ちなみに、画面に出てきたガンダムの動画は、11年7月に「カップヌードル」発売40周年を記念して日清食品が制作し放送したもので、本当に存在するかのようなガンダムを表現している。CMのガンダムは立ち上がると右手にヤカンを持っている。戦闘態勢に入るのではなく、カップヌードルにお湯を注ぐために立ち上がったのだ。

   こうした中国での騒動に日本のネットでは、

「中国はやることがガチで40年は遅れてる」
「ファーストガンダム1体だけあっても、レーダー使って長距離ミサイル撃ち合う現代戦ではなんの役にもたたない」
「もしガンダムがあったら自衛隊入隊希望の外国人が殺到しそうだわ」

といった書き込みが掲示板などに出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中