セ・リーグ、明日はどうなるか 全チーム、勝率5割切る珍事で一喜一憂

印刷

   プロ野球はリーグ戦が始まって満80年になるが、セ・リーグ全球団が勝率5割を切る歴史的な日(2015年7月3日)が生まれた。

   この低レベルの戦い、注目されると同時に廃止の声もささやかれて始めた。

  • セは混迷。明日はどうなるか分からない、という状況
    セは混迷。明日はどうなるか分からない、という状況

今年のセはコテンパンにやられた

   その日のセ球団の成績は次の通り。

(1)ヤクルト 37勝38敗1分 4割9分3厘3毛
(2)阪神 36勝37敗1分 4割9分3厘1毛
(3)巨人 37勝39敗   4割8分7厘
(4)DeNA  36勝38敗1分 4割8分6里4毛
(5)広島 35勝37敗1分 4割8分1毛
(6)中日 33勝42敗1分 4割4分

   ゲーム差にする、1位と2位はゼロ、3位から5位までの3チームは首位に0.5。最下位と首位は4。これは4連勝4連敗で並ぶ。

   この史上初の出来事は、セ・パ両リーグが対戦する交流戦の結果がもたらしたものである。これまでもパが優っていたが、今年のセはコテンパンにやられ、214勝231敗5分で17敗もの差をつけられた。

   交流戦が始まる前のセは、DeNAが首位で貯金10。2位が巨人で同じく8もあった。ところが交流戦でDeNAは3勝14敗1分という大敗で借金生活に陥ってしまった。巨人も貯金を2まで減らした。後半戦が始まったとき、勝率5割を上回っていたのは巨人だけになっていた。

   後半戦再開から間もない6月23日にはセ全体の貯金ゼロになり、それから10日後に「記念の珍事」が起きたのである。

日替わりで順位が変わる

   まさにセは混迷。明日はどうなるか分からない、という状況だ。DeNAは4日には5位に落ち、低迷していたヤクルトは首位に浮上したかと思うと、5日には4位に転落。交流戦のおかげでチャンスが転がり込んできたのはスタートでつまずき最下位で苦しんでいた広島で、上位の体たらくで3位まで上がった。

   専門家は嘆く。

「まれに見る低レベルのペナントレース。記憶にない」

   ところが逆にこれがファンに大受けのようなのだ。なにしろ日替わりで順位が変わり、まさに1勝の価値が高いわけである。

「これほど他球場の経過が気になるシーズンはない」

こんなファンの声がある。イニングが進むにつれ一喜一憂する、ファンにとってはたまらないペナントレースなのだ。

   パはソフトバンクが独走態勢に入った格好。さらに日本ハム、西武が強く、優勝はこの3チームに絞られたといえるだろう。それだけにセの先の見えない混戦は面白い。

   これが球界内部の話になると、セは不機嫌なのである。交流戦の対戦成績は圧倒的にパが強い。この試合はパの人気政策に協力し、大リーグ方式を希望するファンの要望などで実現した経過を持つ。

「もう、交流戦の役目は果たしたのではないか」

こんな声がセ側から聞こえてくる。交流戦は当初と比べ対戦が減り、いまは1カード3試合。いよいよ以前のように戻す話が出てきそうな雲行きで、オフには一騒動あるかもしれない。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中