金爆・鬼龍院の「演奏なし、歌だけ本物」エアーバンド 成功した理由は「みんな演奏聴いてない」から 

印刷

   「素晴らしい着眼点」――演奏なし、歌だけ本物、という形ながらも人気を集めるバンド「ゴールデンボンバー」のボーカル・鬼龍院翔さん(31)が、「エアーバンド」で成功すると確信したきっかけを明かし、ネット上で絶賛されている。

   実際に演奏しなくても良い、と鬼龍院さんに気付かせたのは、意外なやり方でライブを楽しむ人々が多かったからだ。

  • 「エアーバンド」でも成功するワケ(画像はイメージ)
    「エアーバンド」でも成功するワケ(画像はイメージ)

「○○さんと目が合った!きょうのライブは最高だった」

   鬼龍院さんは2015年7月4日放送のトーク番組「サワコの朝」(MBS)に出演し、ゴールデンボンバーがエアーバンドになったきっかけを語った。

   結成当初こそ演奏をしていたが、ギター・喜矢武豊さん(30)が「ものすごい(ギターが)下手」「本当に音楽のセンスが無い」と分かり、違う方法で目立つための戦略を練る。それが、バンドメンバーを「賑やかしというか、コンパニオンみたいなもの」にする作戦だった。

   この作戦はさまざまなライブを見に行ったり、ライブイベントに出演したりするうちに、間違っていないと証明される。

   自分たちを含む複数バンドが出演したライブイベントでのこと。「何あの演奏しないバンド。音楽をナメているとしか思えない」とゴールデンボンバーを批判した他バンドのファンがイベント終了後、「○○さんと目が合った!本当にきょうのライブ最高だった」とブログに書き込んでいる。これを見て、「意外とみんな演奏を聴いていない」ことに気付いた、と番組で語った。鬼龍院さんがエアーバンド路線を固めたのは、この時だった。

   楽器弾ける人は舞台(ステージ)上でふざけたがらない。下手でも目立つ喜矢武さんは辞めさせられず、代わりのギタリストも招かれなかった。ゴールデンボンバーがエアーバンドという形を選んだ背景に、鬼龍院さんの巧みな戦略が隠されていた。

   ネット上では、

「素晴らしい着眼点だ」
「核心をついてる良い分析」

と賛同、共感の声が広がっている。

   確かに、バンドやアーティストを音楽以外の理由で支持するファンは多い。中でもメンバーの「見た目(顔)」は頻繁に挙がる要素だ。それを売りの1つにするアイドルグループやビジュアル系バンドなどは「顔が好み」といった理由で、一定数に受け入れられている。純粋に音楽自体が好きだと表明するファンは、こうした人々を「顔ファン」と呼んで蔑む。ネット上では、同じバンドやアーティストのファン層で、双方による「内輪もめ」がしばしば起こる。

   ただ、「顔ファン」も音楽に全く興味が無いかどうかは不明だ。あくまでも、各種SNSや掲示板、ブログなどでメンバーの見た目にしか言及しないため、そう呼ばれているに過ぎない。

   ともあれ、ゴールデンボンバーは音楽以外の要素を求めるリスナーのニーズをうまくつかんだ、というわけだ。

特典なしのCDは、やはり売れない

   音楽家は音楽だけで売れるのか――ゴールデンボンバーの活動は、現在の音楽業界にそう強く問いかける。鬼龍院さんは2014年、「特典なしCD」の発売を試みた。

   8月にリリースしたシングル「ローラの傷だらけ」は映像特典や握手券、メンバーの写真も一切ない、歌詞カードだけのパッケージで発売されている。特典付きCDが音楽チャートの上位に並ぶ状況を皮肉ったもので、ネット上で話題となった。

   前回シングル「101回目の呪い」がさまざまな特典を付けて販売したのと対照的だ。残念ながら、この作品は以前のものに比べ大きく売り上げを落としている。

   鬼龍院さんは番組でもこの件に触れ、「特典をつけないとこんなに売れないんだよ、というのを見せたかった」と語っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中