ドラマ「デスノート」、「リューク」役は福島潤さん? ネットのテレビ番組情報サイトが表記、噂広まる

印刷

   2015年7月5日にスタートしたドラマ「デスノート」(日本テレビ系)の主要キャラクター「死神リューク」の声優が判明した、とネット上で騒ぎになっている。名前が挙がっているのは、人気アニメ「弱虫ペダル」(テレビ東京系)で鳴子章吉役を務めた福島潤さん(38)。

   リュークのキャストは意図的に伏せられており、未だ公式発表されていない。福島さんの名前が浮上したきっかけは、ネット上のドラマ情報ページだった。

  • 果たして真相は…(画像はドラマ「デスノート」公式サイトより)
    果たして真相は…(画像はドラマ「デスノート」公式サイトより)

「誰がリュークの声をやっているのかめっちゃ気になって仕方ありません」

   デスノートは人気マンガ「DEATH NOTE」が原作の物語。死神リュークに授かった「デスノート」で犯罪者を抹殺し、自分の正義が全て実現される理想郷を作り出そうとする主人公・夜神月(ヤガミ・ライト)と、名探偵L(エル)が頭脳戦を展開する。

   CGで描かれたドラマのリュークは、顔は白く、猫背で、腕は長く、髪は逆立ち、肩や背中から黒い翼が生えている。声はしゃがれ気味で、いかにも悪役らしい雰囲気だ。

   一方、肝心のキャスト名は公式サイトに記されていない。5日放送回のエンディングロールでも、名前の部分がリュークの白いシルエットで隠された。

   放送後、ツイッターでは「誰がリュークの声をやっているのかめっちゃ気になって仕方ありません」という感想が寄せられ、声を手掛かりに担当キャストを探る動きも広まった。06年から07年にかけて放送されたアニメ版、06年放送の実写映画版「DEATH NOTE」でリュークの声を務めた俳優・中村獅童さん(42)の名前が挙がると同時に、わざわざ隠すんだから声優でなく人気俳優や芸人なのではないか、といった推測も見られた。

   そんな中、手がかりになる情報が6日、ネット上に出現する。テレビ番組の情報を掲載するサイト「Yahoo!テレビ」が公開した第2話(12日放送予定)のあらすじに「死神リューク(声=福島潤)」と記されていたのだ。読者からの指摘を受けたのか、すぐさま名前は消え、7日18時半時点で復活していない。

日テレ「何もコメントできません」

   福島さんは、やや高めの爽やかな声を持つ。過去に出演した作品でも、年齢が若く設定されたキャラクターを比較的多く務めてきた。

   「リューク=福島さん」という情報が拡散されると、ネット上は驚きの声で溢れた。確かにリュークの声は、これまで演じたキャラクターのものと随分印象が異なる。ツイッターに「本当???」「信じられない」と相次いで書き込まれるなど、ネットユーザーは半信半疑になっているようだ。ただ、福島さんであるという確証はない。

   一体、真相はどうなのか。日本テレビはJ-CASTニュースの取材に対し、「まだ発表しておりませんので、何もコメントできません」と答えた。

   福島さんの所属事務所「アーツビジョン」も「その件について、弊社では分かりかねます」とのみ回答した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中