声帯全摘出のつんく♂ 声出るように? 知人が明かす

印刷

   2015年4月に声帯全摘出を発表した音楽プロデューサーのつんく♂さん(46)が猛練習の末に声が出るようになったと、7月7日発売の「女性自身」が報じている。

   つんく♂さんは4月4日に母校の近畿大学で行われた入学式に登場し、喉頭がんのために声帯を全摘出し、声を失ったことを公表した。その後、「食道発声法」のリハビリを開始したことが明らかになった。

   一般的に習得にかかる期間は早くて1年ほどとされているが、女性自身に掲載されている知人の話によれば、トレーニングの成果ですでに声が出るようになっているそうだ。声量は小さいが、少しだけなら会話もできるようだという。

   なお、つんく♂さんは8日12時時点で、この件についてブログやツイッターでは触れていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中