運転中の日産車のタカタ製エアバッグ 事故で異常破裂

印刷

   日産自動車は2015年7月8日、「エクストレイル」に搭載したタカタ製エアバッグが運転中の事故で異常破裂をしたと発表した。運転手は右手とほおをやけどしたが、異常破裂との関係は分かっていない。

   走行中の日産車でエアバッグの異常破裂が確認されたのは初めてだという。エクストレイルは13年4月に助手席用エアバッグに欠陥があるとしてリコール対象になっていた。しかしこの車両は所有者が複数回変わっていたため、通知が届いていなかったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中