サムスン電子、スマホ伸び悩みで減益

印刷

   韓国サムスン電子は2015年7月7日、2015年4~6月期の連結決算を発表した。営業利益は6兆9000億ウォン(約7600億円)で、前年同期比4%減で、7四半期連続の減益。売上高は48兆ウォン(約5兆2000億円)と、同8%減だった。

   4月にスマートフォン「ギャラクシーS6」を発売して巻き返しを図ったサムスンだったが、想定したほど伸びなかったのが要因とみられる。好調だった半導体事業で何とか持ちこたえた格好だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中