いったい維新は与党と野党、どちら側なんだ 松野代表は安保審議で対決姿勢強めるが...

印刷

   維新の党が提案している安全保障関連法案の「対案」をめぐり、松野頼久代表らが2015年7月9日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。維新案は政府与党案と違って「合憲」だと指摘する学者が多数派だが、集団的自衛権の行使を認めず、ホルムズ海峡での機雷掃海もできないなど政府案との隔たりも大きい。

   与党は来週にも衆院で採決に踏み切るとの見方もあり、松野氏は棄権の可能性については「大いに秘めている」とけん制。立ち位置が与党に近いという指摘もあることについては、自らが「野党」だと改めて強調し、対決姿勢を強めていた。

  • 記者会見する維新の党の松野頼久代表
    記者会見する維新の党の松野頼久代表

維新案は「きわめて厳格に要件を規定している」とアピール

   維新案では、政府案の「存立危機事態」という概念に対抗する形で「武力攻撃危機事態」と呼ばれる概念を設けた。日本防衛のために活動している外国軍が攻撃され、日本が攻撃を受ける危険性が明確になった場合に限り、これまでの個別的自衛権を拡張する形で自衛隊の武力行使を可能にした。引き続き集団的自衛権の行使は認めない。当然、与党が数少ない事例として出しているホルムズ海峡の機雷の掃海もできない。

   小野次郎安全保障調査会長は、政府案を「要件があいまい」で「国民からみれば歯止めがかからない」のに対して、維新案を「きわめて厳格に要件を規定している」とアピールした。

   維新案は7月10日にも実質審議入りする見通しで、維新としては、参院で議決できなくても衆院で再可決が可能となる、いわゆる「60日ルール」が適用できなくなる7月下旬まで審議を引き延ばしたい考えだ。

   だが、与党は7月15日にも委員会で採決し、16日にも衆院を通過させるシナリオを描いている。与党としては、たとえ数日であっても与党案と維新案を並行して審議することで、「強行採決」色を薄める狙いがある。

今は「我々の案をしっかり取り扱ってもらわない状況」

   松野氏はこういった点に反発し、

「現段階でどうする、ということを決めているわけではないが、我々の案をしっかり取り扱ってもらわない状況の中、また、国民の理解がまだしっかりできていない状況の中で、採決を棄権する可能性というものは大いに秘めていると思っていただいて結構だ」

などと採決を急ぐ与党を批判した。会見では、与党との距離感を問う質問も出た。与党と野党の「どちらの側につくのか」という訳だ。

   この点については、

「我々の党は、結党以来『改革勢力を結集し、政権交代を目指す』(と言ってきた)。いわゆる野党として政権交代を目指すことを結党以来、党の方針に書き込んでいる。ですから『野党』です。1回も現政権に協力し、閣外協力を目指すとか連立を組むなんてことは、一度も結党以来、活動方針の中で確認したことはない」

と、「野党」だという立ち位置を説明したが、野党間の足並みは揃わないままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中