今夏のゲリラ雷雨、昨年の1.4倍に ウェザーニューズ予想

印刷

   2015年7月から9月の期間、局地的に激しい雷雨が起こる「ゲリラ雷雨」が発生する回数は昨年同時期の1.4倍になる見通しだ。気象情報「ウェザーニューズ」が7月9日、予想を発表した。

   最も予想発生回数が多い関東甲信地方では昨年の約2倍で、ピークの8月は昨年の約3倍となるおそれがあるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中