イチロー、35打席ぶりの安打に「よかった」 日本のファンは一安心だが・・・

印刷

   このところスランプだったマーリンズのイチローが7月になって初めての安打を放った。

   通算3000安打を目指す再出発なのだが、苦しむ姿は変わらない...。

  • 数少ない打席で、これからどう安打を放つか(写真:ZUMA Press/アフロ)
    数少ない打席で、これからどう安打を放つか(写真:ZUMA Press/アフロ)

空振りや見逃し目立つ

   2015年7月8日の交流戦、レッドソックス戦の4回に中前にしぶとく落とした。この安打は、イチローにとって6月18日以来35打席ぶりのものだった。

   一塁ベース上に立ったイチローを見ると、さすがベテランで淡々としていた。「よかった」というファンは多かったことだろう。日本で映像を見たファンはなおさらだったと思う。あのイチローが34打席も安打が出ないなど、考えられないことだった。

「イチローにスランプという言葉は当てはまらない」

   ジェニングス監督の言葉だが、しかし、現実は厳しい。

   かつてのイチローならわけなくとらえていた投球を正確に、確実に打てていない。ファウルになることが多く、空振りや見逃しも目立つ。

「やはり、40歳、か」

   こんな見方が専門家の間でささやかれているのも事実である。

   ずっとレギュラーで出場していただけに、たまに先発、代打となると、調子を維持するのが難しいと推測できる。そんな状況の中で、なんとか戦力になっているのは準備に怠りがないからだろう。

後半戦は出番が減る可能性

   大リーグでの通算3000安打がイチローの目標となる。久しぶりの安打は今季43本目、通算2887安打にあたる。残りは100本と少し。

   現状から考えると、今シーズン中に大台をクリアするのは、ちょっと無理。常時出場の機会を与えられれば可能だが、依然として5番目の外野手扱いでは厳しい。

   記録達成は来シーズンに持ち越されるだろう。

   ことしの試合出場、打席立つチャンスが少ないのはチームが指名打者のなおナ・リーグ所属であることが響いている。

   外野手はホームランを求められる傾向が強い。指名打者のあるア・リーグならば、外野手の一人が指名打者になる可能性が高いため、守備のいいイチローは先発出場の機会が増える。

   さらに今季、マーリンズが優勝の望みがなくなれば、後半戦のある時期から来シーズンのチーム作りに着手するから、若手選手の出場がグンと増える。そういう意味ではチーム成績がイチローに出場に大きく影響するといえる。

   マリナーズを出て以来、イチローの出場試合が減っている。数少ない打席でどう安打を放つか、注目したい。

(敬称略 スポーツジャーナリスト 菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中