英国の高校で「スカート禁止令」 賛否両論あるが、日本でも意外に多い「支持派」

印刷

   女子生徒の風紀違反に悩まされてきたイギリスの高校がついに「スカートでの登校禁止」を決めたというニュースが、日本人ネットユーザーの間で賛否に分かれた激論を巻き起こしている。

   双方の議論は未だ収まる気配がない。一方、短いスカートを見た男性教員や男子生徒の気が散るから、という禁止理由も同時に注目されている。

  • 「私はJKの生足みたい」という声も(画像はイメージ)
    「私はJKの生足みたい」という声も(画像はイメージ)

「気が散った」男子生徒や教員に共感する人

   「スカート禁止令」が出されたのは、首都ロンドンから1時間半ほどのトレンタム高校。2015年7月2日付け英デイリー・メール電子版によると、理由は一部女子生徒がスカート丈を膝上まで短くしていたため。同校規則はスカート丈のラインについて、ちょうど膝のあたりまで、と定めていた。スカート丈の短い女子生徒が階段を上ったり座ったりする際に「男性教員や男子生徒の気を散らしたり」、何度も教員に注意されたりする様子を見た女性校長が決断したそうだ。9月以降は女子高生の制服をパンツスタイルに限定し、スカートで登校した生徒は強制的に帰宅させられるのだという。

   騒動は日本でも報じられる。7月10日放送の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)では、学校側の処置について視聴者に賛否を問うた。結果は賛成(17843票)が反対(15615票)を上回り、「スカート禁止令」への支持が広まっていることを示した。

   ツイッターでも、

「注意するのまで先生の仕事にされたら、先生も迷惑」
「良い判断」

と賛同する人は多い。一方、女性サイドから

「男性に合わせるのかー」
「女の子だって楽しみたい」

と否定的な反応も寄せられた。

   その他、賛成、反対関係なく一部の男性が

「私はJKの生足見たい」
「男の楽しみでもあるのに」

といった声をもらしている。スカートに限らず制服自体が好きな男性は多い。制服姿の女子高生が活躍するマンガ、アニメ作品や制服のコスプレを売りにした飲食店などは今や数えきれないほど存在する。

   ネット上の反応を見る限り、スカートの短い女子生徒を見て気が散った男子生徒や男性教員に共感を寄せた人は少なくないようだ。

日本でもスカート丈をめぐり女子生徒と学校がバトル

   賛否分かれる「スカート禁止令」だが、日本の各高校にもスカート丈の長さに関する規程がある。最も多く見られる位置が「膝の中心」。中には「膝の皿中心に上下1.5センチ以内」「膝蓋骨を基準に指導」などと厳密に定めた学校もある。

   しかし、スカート丈を短くするのは女子生徒のささやかな「オシャレ」とも言える。過去にはスカート丈をめぐり、女子生徒と学校側が火花を散らした出来事もあった。2009年2月、スカートを切る事件や痴漢行為が相次ぎ、新潟県内の高校でスカート丈の本格的な指導が行われた。教員は校内に啓発ポスターを貼り、生徒に積極的な声掛けをした。

   こうした指導に女子生徒は大反発、当時マスコミの取材に「もう少し自主性が欲しい」「指導はうまくいかない」などと答えていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中