被害者遺族「元少年A、匿名は卑怯」 実名公開や印税受け取り巡る議論が再燃

印刷

   神戸連続児童殺傷事件の加害者男性「元少年A」の手記「絶歌」出版から2015年7月10日で1か月がたったが、いまだ騒動は収まらない。

   被害女児の母親が朝日新聞の取材に応じ、匿名で手記を発表したことを「卑怯」と非難したことで、匿名出版や印税の受け取りについて議論が再燃している。

  • 「絶歌」めぐり議論再燃
    「絶歌」めぐり議論再燃

「素性を明らかにしないのは卑怯」

   長女彩花さん(当時10)の命を奪われた山下京子さんは2015年7月10日の朝日新聞の記事で

「事件に向き合う覚悟があり、自分の言葉に責任を持つのなら、実名を出すべきだ。素性を明らかにしないのは卑怯だと思う」

と語った、と報じられた。

   また本を出版し、印税を受け取っていることにも否定的だ。男性からは定期的な送金があることを明かしたが「印税には贖罪(しょくざい)の思いなどこもっていません」という。出版によって元少年Aを崇拝する人たちを刺激し、「殺人を犯して本を書き、お金を得ることがまかり通ってしまうこと」「ものの善悪がわからなくなること」を危惧しているという。

   元少年Aを「卑怯」だとするのは山下さんだけではない。被害者の土師淳さん(当時11)の父、守さんは産経新聞(6月29日記事)の取材に、

「32歳の責任ある成人男性が、少年法の陰に隠れて匿名で本を出し、遺族を傷つける。卑怯だ」

と答えている。

印税収入は2000万円以上か

   被害者遺族の言葉を受け、ツイッターなどネットには「『手記を出版するなら実名を晒せ』という遺族の気持ちは理解できる」という意見が目立つ。

「確かに今はもう成人だし、被害者は実名だし」
「安全な場所から表現の自由を行使して好き勝手ほざき、遺族は思いを踏みにじられ、全く守られていない。フェアではない」

などの書き込みがあり、実名を公表せずに「元少年A」というペンネームを使ったことを非難する動きが再燃している。

   印税受け取りについても、利益は被害者や遺族への弁済にあてる米国「サムの息子法」にならった法律を日本でも制定すべきだという意見が根強い。印税による具体的な収入額は分からないが、一般的なレートが10%前後であるため、初版10万部と増刷5万部を合わせれば2000万円以上になる。現時点で元少年Aは使い道について明らかにしていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中