普段は「すっぽんぽん」のはずのムーミン 作品によってはなぜか水着姿もある不思議  

印刷

   人気キャラクター「ムーミン」のテーマパークが2017年、埼玉県飯能市にオープンすることもあって、あらためてムーミンのストーリー設定にネット上で注目が集まっている。

   最も議論となっているのが「裸のムーミンがなぜ水着を付けるのか」だ。普段何も着ていないが、いくつかの作品では「水着姿」を披露している。なぜだろう、と疑問に思う人は少なくないはずだ。日本でムーミンの版権を管理する会社は「あくまで記号的なもので、特に意図はありません」と話す。

  • 「水着」も「パジャマ」も着るムーミン(写真:ロイター/アフロ)
    「水着」も「パジャマ」も着るムーミン(写真:ロイター/アフロ)

ムーミンはもともと「すっぽんぽん」

   ムーミンの水着姿はアニメやマンガなど、さまざまな場所で披露されている。各種SNSでも画像が拡散されており、その多くはストライプ柄のパンツをはき、水の中を泳ぐカットだ。

   裸という設定は公式サイトに書かれていないものの、日本でムーミンの版権を管理するタトル・モリ エイジェンシー(東京都千代田区)は「原作の段階からムーミンはすっぽんぽんだったようです」と取材に明かす。原作で裸だったことが、ネット上で「なぜ泳ぐときだけ水着なんだ」との疑問を生んでいるようだ。

   2015年2月に公開されたアニメ映画「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」では、ビキニを着たガールフレンドのフローレンに対し、裸のムーミンが「そんな格好ダメだよ!何も着ていないみたい」と注意する。

   同作に声優として出演したお笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんも、どうやらこのシーンが気になっていたらしい。2月3日に都内で開かれた試写会で「ムーミンもムーミンの恋人のフローレンも裸で歩いているように見える」と指摘した。ここでも普段は二人とも裸なのに、という疑問らしい。

   試写会に顔を見せたグザヴィエ・ピカルド監督は笑いながら「あれはユーモア、ジョークなんだよ」と大竹さんの指摘に答えたが、裸のはずのムーミンが水着姿のフローレンに「何も着ていないみたい」などと注意したのかには触れなかった。

パジャマや水着はあくまで「記号」

   前述のタトル・モリ エイジェンシーはムーミンが寝る時にパジャマを着たり、海水浴をする時に水着を付けたりするカットもあるが、あくまで「記号的」なもので、特に意図はないと話す。服を着たカットはファンの間でも以前から「不思議だね、おかしいね」などと語り草になっていたようだ。

   そして、「劇場版」でのシーンは、「そうしたファンの様子を見られた監督さんが、遊び心で入れたものだと思います」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中