「UQ WiMAX」広告表現を見直し

印刷

   モバイル通信サービス「UQ WiMAX」を提供するUQコミュニケーションズは2015年7月14日、広告表現を見直すと同社サイトで発表した。同社広告をめぐっては、「ヤバイ速」「ギガ放題」などの表現を使いながらも、3日間で3GB以上利用した場合に速度制限がかかることに反発する声が高まっていた。

   発表文では「頂戴したご意見ご要望を真摯に受け止め、今後の広告表現等につきましてはより分かりやすく誤解のない内容に速やかに改善してまいります」とした。速度制限についても見直しを検討するという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中