冥王星の表面に「富士山級」氷の山 NASAが鮮明な写真公開

印刷

   米航空宇宙局(NASA)は2015年7月15日、無人探査機「ニュー・ホライズンズ」がとらえた冥王星の鮮明な画像を公開した。地表には隕石の衝突で生まれるクレーターがほとんどなく、氷でできた高さ約3500メートル級の山々がそびえているのが確認されたという。

   画像は探査機が冥王星に最接近する1時間半前、約7万7000キロの距離から撮影されたもの。各種報道によると、氷の山脈は約1億年前にできたとみられ、今も地殻活動によって成長している可能性があるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中